会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人のへのお役立ち情報

会計求人プラスに戻る

日商簿記2級が活かせる会計事務所

日商簿記2級は仕事に活かせるのか?簿記資格で有利になる就職・転職先とは

経理の仕事に役立つ資格として人気が高い日商簿記ですが、就職や転職にどのように活かせるのでしょうか? 

簿記の中でも受験者数が最も多く、取得している人も最多である日商簿記2級は難易度が高く、合格するのも容易ではありませんが、就職に役立つのではないかと思い、学生の間に取得したという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、簿記の資格がどんな仕事に活かせるのかを調べている人、簿記の資格を活かして、就職・転職を検討中の方を対象に、簿記が活かせる業務、簿記資格が採用条件となる転職先、会計事務所以外でも活かせる職業についての情報を紹介します。今回は、簿記資格の中でも最も人気が高い「日商簿記」にフォーカスします。

何か資格を持っていたほうが就職・転職に有利なのではないかと思っている方は必見です。

日商簿記2級の社会的評価とは?

日商簿記2級は、基本的に簿記の基礎力が求められる3級と比較して格段にレベルが高く、財務諸表を読み解くスキルが必要です。

経理だけではなく企業の経営状況を把握できるため、財務の仕事や中規模株式会社の経営管理を任されることもあります。

そのため、企業からは非常に重宝される資格といえます。日商簿記を運営する商工会議所のHPでも、「経営管理に役立つ仕事として、企業から最も求められる資格の1つ(※)」と明記されているほどです。

※出典: 日本商工会議所 簿記2級

簿記2級は就職・転職に有利?

簿記資格には、「日商」「全商」「全経」の3つの種類があります。
それぞれ主催団体が異なるのですが、日商は正式名を「日商簿記検定試験」と呼び、日本商工会議所が主催しています。
全商は「簿記実務検定試験」で、全国商業高等学校協会が、全経は「簿記能力検定」で、全国経理教育協会がそれぞれ運営しています。

3つの簿記資格の中でも、特に人気が高いのは「日商」。社会人を対象とした簿記資格であることから、実際の経理業務に役立つ実践的な知識が学べるため、年間およそ50万人の方が受験しています。

日商の簿記資格を持っていると、就職や転職活動での書類選考において、企業からの評価を高めることができます。ここでは、「日商」の簿記資格にフォーカスして紹介していきます。

実際の経理の仕事に役立つ日商簿記は、「経理の即戦力」として見られるため、日商簿記の資格を持っていない人よりも内定に有利といえます。しかし、資格は持っていても「実務経験があるかどうか」も企業側からチェックされますので、「未経験者の場合」「経験者の場合」で、自分をどのようにアピールすれば良いのか紹介します。

経理実務未経験者の場合

最近では経理に携わる人材が不足しているため、未経験者であっても人材募集する企業が増えています。「日商簿記2級以上」の資格を持っておくと応募する際にプラスになります。

また、会計事務所、税理士事務所、一般企業の経理の求人には、条件として日商簿記2級以上と記載されていることも多いのです。

日商簿記2級は、商業簿記と工業簿記の2つを習得し、経営管理にも役立つ知識を持っているため、「経理会計の基礎が身に付いている」ことの証明にもなります。未経験者で経理業務に就きたいなら、日商簿記2級以上の資格を目指しましょう。

特に就職先を経理や会計事務所に絞っているような人は、実務経験が無いことが当たり前ですから、資格を取得していることは書類選考時に有利になる材料と言えます。

経理実務経験者の場合

採用する企業にとって、経理の仕事は「実務経験」が何より重視されます。応募条件で「実務経験3年以上、日商簿記2級以上」とする求人が多いため、日商簿記2級を持っている経験者は転職に有利ですが、実務経験が3年以上ならなお良いでしょう。

また、「上場企業での決算業務経験」「海外での経験」「連結決算の経験」など、より高度な実務経験があるなら、高い年収の求人における採用率も高まります。

経理や会計事務所などは、何よりも実務経験を重要視していますので、キャリアップを重ねていくことを考えているのであれば、実務経験を積みながら資格をプラスしていくようなキャリアプランを計画するといいでしょう。

日商簿記2級を条件に募集している求人は、「日商簿記2級で活躍できる会計求人一覧」で紹介しています。

経理職は人材不足が起こっている

近年、企業全体の人材不足と併せて経理職も人手が足りないのが現状です。企業によっては、経験を問わず経理職を募集しているケースもあります。

そんな中日商簿記2級の資格と持っていれば、スキルの証明が容易です。
高度な商業簿記・工業簿記ができる上に財務諸表も把握できるため、入社後すぐに業務をこなせる人材として重宝されます。

簿記2級で活躍できる就職・転職先は?

日商簿記2級が活かせる会計事務所とは

続いては、日商簿記2級で活躍できる就職・転職先を解説します。

  • 会計事務所
  • 税理士事務所
  • 企業の経理業務
  • コンサルタント業務・会計業務・営業職

日商簿記2級のレベルからも分かるように、財務諸表を読み解き経営状態を把握できるスキルがあると、就職や転職に有利です。

一般的な企業の経理や財務だけではなく、会計業界でも役立つ資格として「会計事務所」「税理士事務所」でも役立ちます。

会計事務所

会計事務所の主な仕事は、クライアントである企業や個人事業主の経理業務の代行や税務申告のサポートです。

また、経理に関する相談を受けるケースもあり、会計事務所では会計処理に関わる専門的な知識やスキルが求められます。

日商簿記2級では、ハイレベルな商業簿記や工業簿記を学ぶため、会計実務に直結する処理や分析が可能です。

会計事務所を運営するのは公認会計士の資格を持つ人ですが、日商簿記2級に合格していれば、会計事務所の補助スタッフとして即戦力になります。

詳しい仕事内容は、「会計事務所とはどんな仕事なの?就職・転職するポイントも解説」で紹介しています。

税理士事務所

税理士事務所では、税務処理や税に関するアドバイスを行っています。

特に年度末は繁忙期にあたり、確定申告のための決算書作成が頻繫に発生します。日商簿記2級のスキルは、税務に関する計算処理においても必要とされます。

税理士事務所では、税理士の業務をサポートする税理士補助という仕事もあります。
税理士補助は税理士の資格がなくても就ける仕事ですが、一定の専門性は求められるため、最低でも日商簿記2級相当の知識が必須です。

詳しくは「税理士法人と税理士事務所は明確に違いがあるのか?会計事務所と何が違うのか」で解説します。

企業の経理業務

日商簿記2級のスキルを活かす仕事として、企業の経理も挙げられます。

業種や規模を問わず、全ての企業において経理は重要な業務です。経理業務がしっかりと行われてこそ、経営状態を把握でき今後の戦略を立てられます。

日商簿記2級を持っている人は、財務諸表を読み解く力が必要です。こうした高い簿記スキルは各企業において貴重とされ、経理のみならず財務の職務を担うケースもあります。

また、日商簿記2級では工業簿記も範囲となっているため、製造業の経理でも活躍できます。

経理の仕事内容については「経理未経験者必見!仕事内容や基礎知識をわかりやすく解説」をご覧ください。

コンサルタント業務・会計業務・営業職

経営関連のコンサルティング業界では、資金繰りに関するアドバイスが求められます。日商簿記2級のスキルがあれば財務諸表を読み解けるため、的確なアドバイスが可能です。

また企業の会計部門ような、お金を取り扱う業種でも日商簿記2級の知識を活用できます。

他にも、一見すると簿記と関連が薄いように思える営業職でも、日商簿記2級は大変役立つ資格です。

営業職の仕事では、単純に自社の商品やサービスを紹介するだけではなく、節税や減価償却についての説明も必要なケースがあります。
お金に関する知識を踏まえた提案ができれば、クライアントから信頼を得やすくなるでしょう。

このように、日商簿記2級のスキルは様々な業種で活用できます。

会計業界の転職なら会計求人プラス

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


会計業界での転職や就職を目指す人は、会計業界に特化した転職エージェントがおすすめです。会計求人プラスでは、転職に関する攻略ポイントを熟知した専門のエージェントがあなたの希望を踏まえた上で、転職をサポートします。
会計求人プラスに登録すると、各企業からのスカウトを受けられるのが特徴です。また、面談によってあなたの得意分野や性質をヒアリングし、より適した非公開求人をご紹介します。
会計業界への転職を考えている人は、ぜひ以下のページをご覧ください。

日商簿記2級を活かせる求人例を紹介

資格はステップアップのひとつ

続いては、日商簿記2級を持っている人が活躍できる仕事の求人例を具体的に見ていきましょう。下記は、会計事務所や税理士法人などの求人例です。

求人例(1)
・求人案件/税理士事務所
・仕事内容/入力スタッフ、税務会計スタッフ(内勤)、経理スタッフ、財務スタッフ、総務スタッフ、事務スタッフなど
・雇用形態/正社員
・給与/年収330万円~ 月給22万円~
・条件/経験不問

求人例(2)
・求人案件/税理士法人
・仕事内容/税務会計スタッフ、税理士スタッフ
・雇用形態/正社員
・給与/年収345万円~ 月給23万円~
・条件/経験不問

求人例(3)
・求人案件/会計事務所、税理士事務所
・仕事内容/税務会計スタッフ
・雇用形態/正社員
・給与/年収420万円~490万円 月給30万円~35万円
・条件/税務経験者

求人例(4)
・求人案件/税理士法人
・仕事内容/税務会計スタッフ(内勤)、税理士スタッフなど
・雇用形態/正社員
・給与/年収400万円~700万円 月給25万円~40万円
・条件/実務経験3年以上

求人例(1)と(2)は未経験者でも応募が可能です。
一方、(3)(4)は「税務経験者」や「実務経験3年以上」という条件が設けられています。

双方を比較してみると、年収は明らかに経験者の方が優遇されます。このことから、即戦力となる人材がいかに優遇されるかが分かるはずです。

一方で、前述の通り近年の人材不足を受けて、会計業界でも新卒や未経験者を募集するケースが増えているのも事実です。
例えば求人例(1)の入力スタッフや事務スタッフは、未経験者でも十分に対応できます。研修期間を設けて、スキルアップをサポートする企業もあります。

現状に満足していないなら転職を検討してみよう

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


コツコツと勉強を続けて取得した簿記2級。簿記2級を取れば転職できる分野も広がります。ところであなたの現在の年収はいかがですか?
経理職は「経験」を重視しますので、これまで培ってきた経験と、新しく2級の資格を取ったことで年収が今よりも大きく変わる可能性があります。もし、現在在籍している勤務先の待遇に満足していないなら、転職を検討してみるのも1つの方法です。
会計求人プラスは、「会計士・税理士事務所専門の求人・転職サイト」です。会計の求人のみを扱っているため、簿記資格取得者の求人も多数揃えております。今の年収にお悩みの方に解決策をご提案します。

ステップアップして日商簿記1級を取得するメリット

日商簿記の中でも最上位にあたるのが1級です。経理に関連する知識に加えて、企業会計にまつわる法律も学ぶため、極めて高度なスキルが得られます。

2級取得者と比べると合格者数も格段に少なくなるほど、難易度が高いのが特徴です。その分、経理のスペシャリストとして信頼を得られ、職場での昇給・昇格に期待できます。

また、大企業への転職においても、日商簿記1級は強みになります。理由として、1級を取得することで次に挙げる簿記知識を得られるからです。

  • 連結会計
  • 税効果会計
  • 資産除去債務
  • 減損会計
  • 退職給付会計

これらは、大企業の経理業務において重要なスキルです。さらに、日商簿記1級保持者には、税理士試験の受験資格が与えられます。
今後、会計の専門家としてのキャリアアップや収入アップを目指すのであれば、日商簿記1級取得にチャレンジするのもおすすめです。

日商簿記1級を活かせる求人の例は「日商簿記1級で活躍できる会計求人一覧」で詳しく紹介しています。

初心者は日商簿記3級からでもいいのか?

じつは簡単だと思っている人も多いのですが、日商簿記3級は初めて簿記を学ぶ人にとっては難しいものだと認識しておきましょう。
もちろん、日商簿記2級から挑戦する人も多いのですが、初学者であれば簿記3級にまずは挑戦してみるというのも難易度を理解する上では有効です。

日本商工会議所のホームページでも、『業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」』とされています。社会の、特に個人事業や企業のお金の流れを整理する簿記は、社会人経験・経理の実務経験や基本的な簿記の知識を身につけられるので、取得しておくことで役に立つ資格であると言えるでしょう。

初心者向けのテキストや参考書、通信講座なども充実しています。独学をめざす人もいればスクールに通学する人もいます。
勉強方法はさまざまですし、関連する動画が視聴できるケースもあります。
それらをうまく活用し、十分に準備をして学習を進めていけば合格できる試験です。

また、簿記3級で得られる知識は、会計の基礎としても非常に大切な内容です。
資格取得のため、試験に合格するためだけの試験勉強として勉強をこなすのではなく、会計の基礎を知識として正確に身につけることを心がけてください。
結果として、土台ともなる知識が身に付いていることで、高度な知識が効率的に理解できるようになります。

日商簿記1級を活かせる求人の例は「日商簿記3級で活躍できる会計求人一覧」で詳しく紹介しています。

簿記以外でも就職・転職で活かせる資格とは?

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

現代日本において、PCスキル抜きで業務を進めるのは困難になってきています。そこでおすすめなのが、人気の高いMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の取得です。
勉強を進めていくと、これまでまったく知らなかった操作方法や便利な機能に気付かされることも少なくありません。ExcelやWordのスキルアップを通して、業務の効率化を図りたい人にはおすすめです。
また、知名度の高い資格でもあるので、取得しておけば、転職時に自分のPCスキルを証明する上でも有利になります。

MOSに限らずITパスポートなどの資格もITスキルの向上には非常に役に立つでしょう。
経理職や会計事務所であっても、会計ソフトはクラウド会計ソフトの導入が加速していたり、RPAや電子帳簿保存法の改正などからIT活用が進んだりしています。今後はより高度なITスキルが要求されることが目に見えています。

文書情報管理士

文書情報管理士は、文書管理のエキスパートのための資格です。
世界的にもデジタル化・ペーパーレス化が進む中、日本においてもe-文書法、電子帳簿保存法や電子署名法の整備などデジタル化・ペーパーレス化社会が急激に進んでいます。
これからの経理業務にも、ワークスタイルの変革による書類の電子化や個人情報の保護など文書管理の重要性が求められることになります。文書情報管理士は、オフィスで取り扱う文書や帳票類などのスキャナ保存(電子化)やマイクロフィルム保存(マイクロフィルム化)に関する技術・法律・規格などの知識を検定する資格ですので、これからの時代で更に重宝されていく可能性が高いと言えるでしょう。

FASS(経理・財務スキル検定)

FASS検定は、2004年に経済産業省が開発・提唱した「経理・財務サービス・スキルスタンダード」に準拠した検定試験です。
経理・財務に関する実務知識を客観的な角度で評価するのに優れていて、信頼性の高い検定として各企業から注目されています。
FASS検定は、大手企業の経理や財務部門マネージャーが開発に関わっていることもあり、大手企業での認知度が高い傾向にあります。
そのため、FASS検定のレベルAを獲得していれば、経理や会計業務での転職に非常に有利と言えるでしょう。

給与計算実務能力検定

給与計算関連の実務スキルは、経理職にとって必須のスキルといえます。
その給与計算に関するスキルを測ることを目的とした検定試験が、給与計算実務能力検定です。
給与計算実務では、給与計算のほかに社会保険や税務といった諸手続きも必要になります。
そのため、正確に給与計算業務を行うためには、社会保険や税法、労働法などに関する幅広い知識が求められることになるのです。
給与計算実務能力検定では、これらの業務に必要不可欠な知識を体系化して学ぶことができ、実際の実務スキル向上につなげることができます。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)は、「くらしとお金」に関する幅広い知識を活かして相談者を支援する専門家のための資格です。
そのため、税金、不動産、金融、保険、住宅ローン、年金、教育資金、投資、老後の生活設計、相続など幅広い知識を学習しなければなりません。
FP には、国家資格である「FP技能士」と民間資格である「AFP」「CFP」があります。FP技能士には3級・2級・1級があり、上位級は1級になります。一般的に評価される2級FP技能士の難易度はそれ程高くなく、100時間程度の勉強で取得できる可能性があります。

BATIC

すでに日商簿記2級を持っているが、できる仕事の幅を更に広げたいと考えている人と相性がよい資格がBATIC(国際会計検定)です。英語と国際会計に関するスキルを問うBATICは、グローバル化の時代にふさわしい、経理・会計実務を英語で行える人材の育成を目指しています。
海外に取引先や支店・支社のある日本企業や外資系企業で働くビジネスパーソンにとって、英文の財務諸表を読み解く力や国際会計基準の知識は必須といえるものです。
BATICの受験を通してこれらのスキルが身につけば、経理や会計職に携わっている人の就職・転職時の大きな武器になります。

USCPA(米国公認会計士)

ビジネスの世界で国際的に通じる資格といえば、USCPA(米国公認会計士)抜きには語ることはできません。ご紹介した資格の中でも取得が難しい部類の資格に入りますが、その分だけ得られるリターンも大きく、国際会計のプロとして、幅広い分野での活躍が期待できます。
USCPAの取得にあたっては、国際的な会計基準であるIFRS(国際会計基準)とUSGAAP(米国会計基準)の知識、さらに一定のITスキルや英語力も要求されます。

日商簿記2級は仕事に活かせる!面接でアピールしよう

日商簿記2級は、就職や転職において大変役立ちます。履歴書の資格欄には忘れずに記載しましょう。

書類選考の段階で、他の応募者と差がつきやすくなります。さらに採用率を上げるためには、面接時の自己アピールも大切です。

日商簿記2級を取った動機を具体的にアピールできれば、面接官が他の資格保持者と比較する際の判断材料になります。実務経験がない場合も、資格取得に向けての努力が認められて採用される可能性があります。

まとめ

日商簿記2級は、会計関連の資格の中でも人気のある資格です。受験者数だけでなく資格保持者も多いことから、1つのボーダーラインと捉えている企業も多いでしょう。

苦労の末に取得した日商簿記2級は、一般企業の経理だけではなく会計事務所や税理士事務所での仕事にも役立ちます。将来的に公認会計士や税理士を目指している人にとっても、1つの指標となるでしょう。
日商簿記2級を入り口として、あなたの輝かしい会計業界のキャリアプランを計画してみませんか。

会計業界でキャリアアップするなら会計求人プラス

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


あなたは現在のお勤め先の環境に満足されていますか?「仕事量が多すぎて自分の時間がとりづらい」「残業が多くて帰りが遅い」などのお悩みはありませんか?これまでの経理経験を活かして今後も会計業界でキャリアアップしたいと考えているなら、会計業界の求人を専門とした求職サイト「会計求人プラス」がおすすめです。会計求人プラスでは、特にこのような方を対象としています。

●自分の経験を活かして業務の幅を広げたい
●日商簿記2級を持っているけど転職で有利になるかわからない
●きまった業種の経験しか詰めない もっと幅広い経験を積みたい
●会計業界は未経験だが、これまでのスキル・経験が役にたつかも

会員登録(無料)とすると、スカウト受信が可能で企業から直接スカウトメールが届くダイレクト・リクルーティングも完備。また、転職で失敗しないための攻略ポイントや転職に成功した事例も紹介しています。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士法人、一般企業の経理職など会計業界の求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す未経験の方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かして年収アップやスキルアップしたい方を全力で支援いたします。

ピックアップ求人

-経理の資格
-, ,