会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

角陸会計事務所 成功者インタビュー

今回インタビューに伺ったのは、東京都新宿区にある「角陸会計事務所」様。 「親身に、真摯に、誠実に。お客様の成功を支える、真のパートナーであること。」を経営理念に掲げ、幅広い会計・税務サービスを提供する企業です。所長の角陸伸彦氏と社員の方々にお話を伺いました。

■責任感とスピード感で会社経営をサポートする喜び


畠山健二さん(入社8年目)

―入社のきっかけを教えてください。
転職でこちらに入社しました。前職は不動産会社でしたが、大学のときに経済学部の会計学科で学んでいたこともあり、思い切ってこの業界に転職しました。業界経験がないので不安でしたが会社の雰囲気がよく、「働きやすそうだな」と感じたこの会社に決めました。

―実際に入社してみていかがですか?
経験のある方がスキルや能力を発揮できる会社ですが、未経験者だからこそのアドバンテージもあると感じています。まっさらな状態で入社しているので会社のやり方にもすんなり馴染めましたし、前職での経験も活かせる仕事だと思います。

―現在はどんな業務を担当していますか?
IT系から飲食店まで、さまざまな業種業態の会社様を複数担当させていただいています。今後は相続の案件が増えてくると思うので、相続税の知識やスキルを身につけて対応できるようになりたいですね。

―仕事で大事にしていることは何ですか?
スピード感を持った仕事を心がけています。こちらの処理一つでお客様の経営に大きな影響が出てしまうので、責任の重さは常に感じていますが、同時にやりがいがあるなとも思っています。

―応募を検討している方にメッセージをお願いします。
やる気があればいろいろな仕事を任せてくれる会社なので、ぐんぐん成長できると思います。ぜひ一緒に楽しく働きましょう!

■数字が好きで飛び込んだ会計の世界に大きな魅力を感じる


熊谷美咲さん(入社2年目)

―飲食業界から転職されたそうですね。
はい。飲食を10年以上やっていて、お店の数字を見るのが好きだったので、この業界に挑戦しました。HPを見て「明るそうな会社だな。異なる業種からの転職者にもいろんな仕事をやらせてもらえそう」と感じ、ここを選びました。

―実際に入社してみていかがですか?
1年目は勉強することがとにかく多かったです。新しいことを覚えて、いろいろな仕事を任せていただけるのが楽しくて仕方ありませんでした。

―入社1年目はどう勉強をすればいいのでしょうか?
いま思うと、入社前に簿記を勉強していたのが良かったですね。3級を取得して2級を勉強中に入社したのですが、簿記の基礎知識がだいぶ実務の助けになりました。入社してからは、お客様のニーズに合わせて柔軟に勉強し続けることが大切だと思います。

―入社から現在までの仕事の流れを教えてください。
私は1月に入社したので、確定申告業務のお手伝いをしながら、入力業務や申告書の作成を徐々に覚えていきました。いま担当を任されはじめたところです。先輩に同行していろいろなお客様対応があることを学んだので、自分なりのスタイルを確立したいなと思っています。

―どんな人が活躍できると思いますか?
対お客様の仕事なので、お客様にどれだけ向き合えるかがポイントではないでしょうか。よくよくお話を聞いてお困りごとに気づいて差し上げるといった”根気強さ”は大事だと思いますね。

―どんな雰囲気の会社でしょうか?
みなさん、とても話やすいですね。やりたいことがあれば、いつでもしっかり聞いてくれます。

―応募を検討している方にメッセージをお願いします。
私は、この業界に大きな魅力を感じています。経営という真に迫るご相談に関わらせていただき、自分がお客様の力になれていることを直に感じることができる仕事です。挑戦したい方、お待ちしています!

■社員一人一人の意見を尊重してくれる職場環境


井上卓也さん(入社3年目)

―いまどのような業務を行っていますか?
多業種にわたる法人・個人のお客様を担当させて頂き、お客様先でお打ち合わせをしていることが多いです。所内にいる時間は、他の職員が作成した書類や帳簿のダブルチェックなどを担当しています。

―転職で入社されたそうですね。
はい。前職は飲食関係でした。もともと数字を扱うのが好きだったので、この業界の方がむしろ向いていますね。この会社を選んだのは、幅広い業務を経験できそうだと思ったのが理由です。会計のプロを目指して、いろんな業務を経験したいと思っていました。

―入社して、期待通りでしたか?
期待通りでした!本当にいろんな経験ができる会社だなと実感しています。実感しすぎるくらいです(笑)。自由に意見を言えて、のびのびやらせていただいています。そのぶん責任感を持って仕事をしなければと自分で自分にプレッシャーをかけて仕事しています。

―入社1年目は大変でしたか?
いえ、楽しかったです!仕事量は多かったですが、それは自分から「やらせてほしい」とお願いしたから。負けず嫌いなので、早く仕事ができるようになりたかったんです。1年目から先輩に同行しつつも「いつかこのお客様は自分が担当するんだ」という気持ちでやっていました。多くの気づきを得て、いろんなことを吸収できて、とても充実した1年でしたね。生意気なこともたくさん言ったと思いますが、受け止めてくれる上司に恵まれていたことに感謝しています。

―今後どんなことにチャレンジしたいですか?
資格を取りたいですね。ずっとこの業界でやっていくのであれば、資格はやはりステータスになると思います。もちろん、実務の能力も重要です。お客様の信頼を得て、求めているものを察する力を磨いていきたいと考えています。

―応募を検討している方にメッセージをお願いします。
最初は誰でもわからないこと、できないことだらけです。でも、やる気があれば乗り越えていけます。一緒にがんばりましょう!

■若さあふれる会社で、自分を磨き続ける楽しさを実感


関口優花さん(入社3年目)

―入社のきっかけを教えてください。
経済学部で学び、興味のあったこの業界にチャレンジしました。産休育休に入ったスタッフに代わって総務的な業務をこなしつつ、数件担当をしています。

―入社1年目はどのように過ごしていましたか?
新卒で入社をしたので、新入社員研修を受けて、社会人の基礎から学びました。その後は、先輩に入力業務や申告書の作成を教えてもらい、一連の業務を勉強していきました。

―どんな会社ですか?
スタッフは30代が3名と20代が4名。年齢が近いせいか、上下関係が厳しくなく、壁がないなと感じますね。自分でスケジュール管理ができるので、プライベートと両立しやすいです。

―やりがいを感じるのはどんなときですか?
お客様に「ありがとう」と言っていただける時は、「お客様の力になれた!」とやりがいを感じます。お客様の立場に立って考え、ニーズに合った対応ができるようになりたいと思います。

―今後チャレンジしたいことは何ですか?
やはり税理士資格は目指したいですね。とくに今後多くなってくるであろう相続税について勉強していきたいです。

―応募を検討している方にメッセージをお願いします。
任せてもらえる業務の幅が広いので、様々な経験ができます。責任感があって、自ら学ぶ姿勢がある方は、大きく成長できる職場だと思います。一緒に成長したい方、お待ちしています!

■本物の会計人は“おもてなし”を心に刻むサービスパーソン


角陸伸彦氏(所長)

―この業界に入ったきっかけを教えてください。
私はITシステムのソリューション営業から税理士になりました。9年間で数100社を経験し、IT化による業務改善の現場に身を置く中で、お客様の事業の安定化・利益拡大に直接貢献したいと強く思うようになりました。これが税理士を目指したきっかけです。

―どんな思いを大切にしていますか?
税理士とお客様とは、単なる商売の取引相手ではありません。同じ船に乗っている大切なパートナーです。たとえば、お客様の歩く先に段差があれば、事前に「こちらに段差がございます」と伝えて、つまずかないようにしてあげるのが私たちの仕事。これが本当の“お客様のため”ということだと思います。

―ひとことで言うとどんな会社ですか?
120%実力を発揮して、一人で会計事務所のすべての業務を学べる会社だと思います。担当者にはほぼすべての権限を与えて、自分の裁量で仕事をしてもらっています。現場のこと、お客様のことを一番良く知っているのは担当者ですから、担当者を信頼し、最大限の権限を与えています。

―さいごに、応募を検討している方にメッセージをお願いします。
「私の大切なお客様」という気持ちで、主体的に仕事をして欲しいですね。自分がしてほしいことをして差し上げるのが基本だと思います。新しく入社する方に伝えているのは「私たちの仕事は、お客様の命を預かる大事な仕事なんだよ」ということ。私たちを信頼してくださっているお客様に寄り添う気持ちをどこまでも大切にしていきましょう。

◆◆「角陸会計事務所」の紹介ページ◆◆

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-成功者インタビュー
-,