会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人のへのお役立ち情報

会計求人プラスに戻る

公認会計士はやめとけって本当なの?

「公認会計士はやめとけ」論は本当なの?実情を確かめてみた

公認会計士を目指している際に、「公認会計士はやめとけ」といわれることがあります。これから公認会計士を目指して頑張っている人のなかには、このような発言をされて不安になっている人もいるでしょう。

こちらの記事では「公認会計士はやめとけ」論は本当なのかを検証していきます。実情を確かめるとともに、公認会計士のメリットにも触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「公認会計士はやめとけ」といわれる理由

公認会計士になるために、必死で勉強を重ねている人にとって、「公認会計士はやめとけ」はあまり聞きたくない言葉でしょう。こうした発言が聞かれる裏には、どういった背景があるのでしょうか。まずは、「公認会計士はやめとけ」といわれる理由について解説します。

  • 難易度が高いから受かるわけがない
  • 激務になることが多い
  • つまらない仕事と感じることがある
  • AIに仕事を奪われる可能性がある

難易度が高いから受かるわけがない

「公認会計士はやめとけ」といわれる理由の1つとして、公認会計士の難易度が挙げられます。実際、公認会計士の試験は合格率が例年10%前後を推移する難しい試験です。令和3年度における公認会計士試験の合格率は9.6%でした(※1)。

当たり前ですが、時間をかけて勉強したからといって、必ず受かるわけではありません。また、合格するまでに数年費やすことも想定されます。

※1 令和3年公認会計士試験の合格発表について / 公認会計士・監査審査会

激務になることが多い

公認会計士の就職先として多いのが、監査法人です。監査法人は慢性的な人手不足に陥っているため、公認会計士の資格を持っていれば就職しやすいといえます。

一見するとメリットに感じられますが、決算期になると業務が集中し、激務になりやすいのが特徴です。多くのクライアントを抱えている場合や、4半期決算を踏まえると、実質1年中忙しい状態であることも考えられます。

つまらない仕事と感じることがある

公認会計士の仕事を始めて間もないころは、すべての仕事内容を把握するのが困難です。最初は、上司の指示を頼りに業務をこなしていくことになるでしょう。

理解ができていない状態で仕事を進めると、「つまらない仕事」だと感じることもあります。一方で、年数を重ねると、担当する仕事も増えていきます。また、仕事に対する理解力が深まることで、徐々にやりがいも感じられるでしょう。

AIに仕事を奪われる可能性がある

近年よくいわれているのが、入力作業や仕分けといった単純業務はAIに取って代わられるということです。実際、すでにAIは活用されており、私たちの業務の負担を軽減してくれています。

このままAIが進化し続けると、「公認会計士の仕事がなくなるのではないか」という意見もあるのが現状です。しかし、公認会計士の仕事では、クライアントとの話し合いが重要になります。この部分は、AIでカバーするのが難しい部分といえるでしょう。

本当にデメリットばかりなのか

公認会計士(CPA)はメリットがないのか?

公認会計士の仕事だけに限りませんが、「やめとけ」といわれると、本当にやめたほうがいいのだろうかと悩んでしまうものです。

実際、公認会計士の試験は難易度が高いのが特徴であり、合格するためには、それなりの努力が必要になります。また、試験に合格した後も資格を得るためには、実務補習や2年以上の実務経験といった条件を満たさなくてはなりません。

必死で勉強したのに合格できなくて、挫折する人もいるでしょう。さらに、公認会計士になれた後には、激務の日々が待ち構えています。働き方改革が進んでいる昨今でも、繁忙期は仕事の忙しさに手いっぱいになる可能性も考えられるでしょう。

一方で、公認会計士になると、これらのデメリットを補えるほどのメリットも感じられます。やりがいや収入などに加え、安定性もメリットとして挙げられるでしょう。公認会計士になるかどうかは、こうしたメリットを踏まえた上で考えることが大切です。

公認会計士のメリット

難易度が高いにも関わらず、毎年多くの受験者が公認会計士の試験に挑戦しています。なかには、かなりの年月を費やして頑張る人もいます。それだけ公認会計士という仕事には、魅力があるということです。続いては、多くの人が目標とする公認会計士のメリットを5つ紹介します。

  • 高年収が期待できる
  • 仕事を失う可能性が低い
  • 職種の一般的なイメージが良い
  • 他の資格への応用が利きやすい
  • 幅広い職種に就職・転職がしやすい

高年収が期待できる

公認会計士の大きなメリットとして挙げられるのが、収入面です。公認会計士は高年収が期待できる職種であり、平均年収は約1,000万円といわれています。令和元年度の正規雇用で給与を得ている人の平均収入が436万円であることからも、公認会計士の収入の高さがわかるでしょう(※2)。

※2 民間給与実態統計調査結果|国税庁

また、監査法人や金融機関で働く場合も公認会計士の資格を持っていれば、高待遇が期待できます。また、独立して個人事務所を立ち上げれば、さらに年収が上がる可能性もあるでしょう。

仕事を失う可能性が低い

公認会計士は、医師や弁護士と並ぶ三大難関国家資格の1つです。高額報酬に加えて、公認会計士のみが許される独占業務の規定があります。また、公認会計士は試験の難易度が高いことから、人材不足なのが実情です。そのため、資格を持っていれば仕事に困ることも少ないでしょう。さらに、収入も安定しているため安心して働きやすいのもポイントです。

職種の一般的なイメージが良い

公認会計士は、難関とされる試験を突破して初めて就ける職業です。医師や弁護士と同じように社会的なステータスが高く、憧れを抱いて公認会計士を目指す人も多いでしょう。また、公認会計士の試験は、学歴や年齢を問わず受けられる試験です。そのため、働きながら資格取得を目指す公認会計士志望の方も少なくありません。

他の資格への応用が利きやすい

公認会計士の資格試験と出題範囲が近いのが簿記1級です。公認会計士の資格試験で得た知識は、知識を簿記1級に活用できます。公認会計士よりは受かりやすい簿記1級ですが、難関資格には変わりありません。例えば、会計事務所だけではなく、大手企業の経理部門やコンサルティング会社など、さまざまな職種への就職で有利に働くでしょう。公認会計士の試験勉強をしておくと、他の場面で有利に働くという点は、大きなメリットといえます。

幅広い職種に就職・転職がしやすい

公認会計士の資格取得後、試験を受けなくても税理士や行政書士として登録できます。公認会計士と併せて取得すると、仕事の幅が広がり多くの企業から重宝されるでしょう。仕事を選びやすくなります。

例えば、監査の仕事が得意であれば、大手企業の監査業務でキャリアを積むのも良いでしょう。中小企業であれば、財務会計や税務といった、会社の中枢を担う仕事を任される可能性もあります。その他、コンサル業務に専念するのも1つの道です。このように、公認会計士の資格を持っているからこそできる仕事は多くあります。キャリアアップを目指しやすい点もメリットといえるでしょう。

公認会計士の資格を活かして働くなら「会計求人プラス」

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


会計業界での就職や転職にご興味がある方は、会計求人プラスを利用してみてはいかがでしょうか。会計求人プラスは、会計業界に特化した求人サイトです。専門のエージェントが、仕事だけではなくプライベートを含めた悩みを踏まえて、客観的に分析しサポートしているのが特徴です。また、転職後のフォローも万全で、違和感や不信感を抱いた場合の相談も受けています。

公認会計士に関していわれている「つまらない仕事」や「激務」といった不安を払拭した上で、就職や転職ができるでしょう。こちらのページでは、会計求人プラスを活用した就職・転職の流れを紹介していますので、ぜひご覧ください。

公認会計士を目指すのにおすすめの人

公認会計士に向いている人

公認会計士は、特殊なスキルが必要な仕事です。もちろん、すべての人が公認会計士に向いている訳ではありません。自分に向いているかどうかを把握した上で、公認会計士を目指すことをおすすめします。続いては、公認会計士に向いている人の特徴について解説します。

  • 数字に強い人
  • 公正な姿勢で業務と向き合える人
  • コミュニケーション・チームワークが取れる人

数字に強い人

公認会計士は、その名の通り会計業務に携わる職業です。財務諸表の確認がメインとなります。財務諸表とは、企業の状態を数値化したものであり、これを元に監査を行い、虚偽や間違いを指摘しなければなりません。そのため、数字に強い人は公認会計士に向いているといえるでしょう。

公正な姿勢で業務と向き合える人

公認会計士の仕事では、公正さが問われます。場合によっては、企業に対して厳しい態度を取らなければならないこともあるでしょう。監査の段階で不正が発覚した際には、どんなに知名度のある企業であったとしても、指摘する必要があります。そのため、企業の大小や自分との関係性を問わず、公正な姿勢を崩さず業務を遂行できる人が公認会計士に向いているといえます。

コミュニケーション・チームワークが取れる人

公認会計士の仕事の1つに、コンサル業務があります。コンサル業務では、クライアントと相談しながら問題解決をする必要があるため、クライアントとのコミュニケーションが欠かせません。また、監査業務では、数人の会計士とチームを組んで仕事をすることがあります。そのため、クライアントや仕事仲間とコミュニケーションやチームワークが取れるかどうかは、公認会計士として働く上で重要な要素の1つといえます。

向いていない人の特徴

苦労して公認会計士に合格したとしても、向いていなければ、長く続けていくことはできないでしょう。公認会計士を目指すのであれば、どんな人が向いていないのかを把握しておくことも大切です。続いては、公認会計士に向いていない人の特徴を解説します。

  • 年収だけに魅力を感じている
  • 仕事が忙しく時間が取れない

年収だけに魅力を感じている人

公認会計士の魅力は、年収の高さにあります。確かに、高年収を得ることを目標の1つとして掲げている受験生も少なくありません。しかし、年収の高さだけを目標にすると、資格を取得して仕事に就いたときに、忙しさで挫折する可能性があります。年収のみではなく、仕事内容を理解した上で目指すことが大切です。

仕事が忙しく時間が取れない人

公認会計士の資格を取得するためには、3,500時間程度の勉強時間が必要といわれています。仕事が忙しい人が、3,500時間を確保するのは困難だといえるでしょう。受験生の多くが、時間に余裕がある学生もしくは無職の人です。公認会計士を目指す場合は、勉強時間を確保できる状態にする必要があるといえるでしょう。

公認会計士の資格取得までの流れ

公認会計士の試験は、短答式試験と論文式試験の2つにわかれています。短答式試験に合格しないと、論文式試験は受けられません。論文式試験に合格して初めて、公認会計士の資格取得となります。

短答式試験は、「財務会計論」「管理会計論」「監査論」「企業法」の4科目あり、マークシート式の試験です。どの科目も専門知識が問われるため、しっかりと理解した上で挑む必要があります。特に重要となるのが「財務会計論」と「管理会計論」です。一方、論文式試験は記述形式で実施されます。公認会計士に欠かせない知識に加えて、応用力が備わっているかを試される試験です。実際の業務に使える思考力や判断力を判定するため、応用問題を踏まえた内容の濃い問題となっており、3日間に渡って実施されます。

また、公認会計士試験に合格した後は、実務補習を受けなければなりません。その後、2年以上の実務経験を積むと、晴れて公認会計士として登録可能になります。ただし、一般企業の経理として働いている人が公認会計士の試験を受ける場合、経理の業務内容によっては、これまでの業務も実務経験として認められることがあります。

公認会計士試験に合格するためのポイント

公認会計士試験は、単純に暗記すれば合格するというものではありません。合格するには、ポイントを押さえて勉強することが大切です。続いては、公認会計士試験に合格するためのポイントを3つ解説します。

  • 無理のないスケジュールを立てる
  • 苦手やミスを放置しない
  • 問題演習や模試で自身のレベルを把握する

無理のないスケジュールを立てる

公認会計士試験は難易度が高い試験です。最初にすべきこととして、試験日までのスケジュールを組むことが挙げられます。最低でも3,500時間の勉強時間が必要となるため、体調面や精神面など、さまざまなことを考慮して、無理のないスケジュールを立てるようにしましょう。

苦手やミスを放置しない

公認会計士の試験内容は、短答式試験4科目、論文式試験6科目の合計10科目で構成されています。どの科目も深く理解していないと、合格はできないでしょう。特に、苦手分野やミスへの対策をしっかりしておくことが大切です。わからない所は繰り返し学習して、しっかりと対策した上で試験に挑むようにしましょう。

問題演習や模試で自身のレベルを把握する

単に知識量を増やしただけでは、公認会計士の試験には対応できません。大切なのは、問題を解く力です。インプットした知識を、しっかりアウトプットするスキルが必要になります。自分がどれくらい問題を解く力を持っているのかを知るためには、問題演習や模試を活用すると良いでしょう。本番さながらの問題を解くことで、どの程度の実力があるか把握できます。自分の実力が把握できれば、対策も立てやすくなります。

公認会計士公認会計士は目指す価値のある資格

まとめ

今回は、「公認会計士はやめとけ」といわれる理由や、公認会計士を目指すメリットについて解説しました。難易度などの理由から敬遠する方も多い一方、公認会計士は合格ができれば就職や転職における間口が広い資格です。応用が利きやすく安定性が高いという利点から、公認会計士を志す方も少なくありません。勉強法さえ習得できれば独学でも目指せるという点も、公認会計士を志す方にとって嬉しいポイントでしょう。

働きながら公認会計士を目指すなら「会計求人プラス」

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


公認会計士として働くためには「業務補助等」の2年以上の実務経験が必要です。試験に合格しただけでは、公認会計士として働くことはできません。実務経験は、公認会計士試験に合格する前でも積むことができます。したがって、働きながら公認会計士を目指すのであれば、公認会計士になるための実務経験を積める職場に勤めることが近道です。
公認会計士として実務経験を積める会社や監査法人等を探している方であれば、会計求人プラスを利用してみてはいかがでしょうか。会計業界に特化した求人サイトである会計求人プラスは、実務経験を積みながら税理士合格を目指している方をサポートしています。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士法人、一般企業の経理職など会計業界の求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す未経験の方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かして年収アップやスキルアップしたい方を全力で支援いたします。

ピックアップ求人

-公認会計士
-, ,