会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

未経験でも勤務できる!税理士として働くための会計事務所の選び方

未経験でも勤務できる!税理士として働くための会計事務所の選び方税務や会計に興味があっても、「未経験で働けるのか?」といった部分が気になって、応募することにためらいを感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、さまざまな形態の会計事務所があるので、初めからあきらめてしまう必要はありません。未経験であっても、税理士を目指して勉強をしている最中であっても、会計事務所で働くことは可能です。
自分の中で考えるキャリアパスと照らし合わせて、最適な会計事務所をしっかりと選んでみましょう。

年齢が若いうちにチャレンジ!キャリアを積むことの重要性

税務や会計の世界でキャリアを積んでいくなら、年齢が若いうちに挑戦するに越したことはありません。「まだ税理士の資格を取っていない」「未経験だけど大丈夫?」といった理由で、会計事務所で働くことをあきらめることは、とてももったいないことです。

スタッフ数十名規模の会計事務所であれば、研修制度も充実しているところもあるため、チャレンジしてみるのは悪くはありません。ベテランの社員がいる事務所であれば、1から税務や会計の基本を学ぶことができます。また現在、税理士の資格を取るために勉強をしている最中でも勉強とのバランスが取れるのであれば会計事務所で働くのも1つの方法です。税理士という仕事を知識だけではなく、実務を通して学ぶことができるでしょう。実際に税理士として仕事をしている社員から、試験対策などを教えてもらえる機会にもなります。

税理士となってから行動を起こすよりも、その前段階で税理士の仕事に触れておくことは、働き始めてからのミスマッチを防ぐことにもつながります。興味から一歩踏み込んで、具体的な現場を体験することによって得られるものは想像以上に大きなものがあるでしょう。まずはインターネットの求人サイトなどで、どういった会計事務所があるのか知るところから始めてみてください。

アルバイトから会計事務所で働いてみるメリット

会計事務所で働く方法は何も正社員として勤務したり、税理士の資格を取得してから勤務したりといった場合に限られるものではありません。まずは税理士の業界のことを知る意味でも、思いきって会計事務所などへ飛び込んでみるのも1つの方法でしょう。

アルバイトであれば、業務を任される範囲も限られてくるので受験勉強とも両立が期待できます。勉強を進めながら、今後のキャリアを見極める意味でも働くことから得られる意義は多いものです。スタッフが10名前後の規模の会計事務所だと人手不足の面もあるため、応募先は慎重に検討していく必要もあるといえます。スタッフの数が100名前後の規模の会計事務所であれば、それなりに余力がある事務所も多いため、安心して働くことができるはずです。スタッフの数が100名程度までの会計事務所なら、基本的な業務は中小企業向けの税務相談となります。初めのうちは先輩社員について補助業務を行っていくことになるので、現場での活動を通じて学んでいくことができるでしょう。

税理士として仕事を始める時には、四大税理士法人や数百名を超えるスタッフを抱えた会計事務所以外は中小企業向けの税務相談が主な業務となるので早い段階で仕事に慣れておくことに越したことはありません。

税理士試験2科目が鍵?勉強しながら働く方法

会計事務所の求人では「税理士試験2科目合格」が1つの目安になっています。税理士試験の性質上、働きながら資格取得を目指すというのは一般的な流れだといえます。

税理士試験では科目合格制度をとっているため、基本的には1科目ずつを合格していけば、最終的には税理士の資格が取得できるようになっています。初めて受験をする場合には「簿記論」と「財務諸表論」の会計科目を同時に受験するのがいいでしょう。これらの科目は関連する部分も多いため、勉強を効率的に行っていくことができます。

2科目合格した時点で、働きながら受験勉強を続けていくスタイルをとるのがおすすめです。税理士試験は最終的には5科目を合格することが資格取得の要件となっています。ですので、働きながら試験の合格を目指していくには数年単位で計画を立てておく必要があるでしょう。こうした税理士試験特有の性質があるため、人材を求める会計事務所も税理士の資格を取得していることを要件とせずに、2科目合格者を1つの基準として見ているのです。

税理士として働いていくためには、それなりに中長期的な見通しを持っておく必要があります。実務を通して勉強だけでは分からない点も知ることができるでしょう。試験突破のためのモチベーションを保っていく意味でも働きながら勉強していくことを検討してみてください。

研修制度や教育が充実した会計事務所を選ぶポイント

未経験者が会計事務所で働く選び方の1つのポイントとして、研修制度や社員教育がどれだけ充実しているかといった点は外せないものです。ある程度の計画性をもって税理士試験に向き合っていく必要があるため、自分に合った事務所の選び方は大事になってきます。

基本的には小さな規模の事務所よりも大きな規模の事務所のほうが未経験者にとっては働きやすい環境だといえるでしょう。実際に税理士として働く先輩社員や同じく税理士試験を目指している他のスタッフと共に働くことは、さまざまな面で刺激になるはずです。

どの会計事務所で働くかは友人・知人からの紹介や口コミなどもあるでしょうが、インターネットの求人サイトを活用してみるのも1つの方法です。さまざまな会計事務所の比較ができるため自分がどこで働くべきかを判断する1つのきっかけとなるでしょう。また、インターンとして職場体験をしてみるのもいいといえます。

周りから見れば、どんな良い会計事務所であっても、自分に合っていなければ仕方がないものです。働き始めてからのミスマッチを防ぐことは重要です。いずれにしても、事務所の規模や特徴によって人材教育への熱心さも異なるため、自分に合った会計事務所の選び方が大切になってきます。

まとめ

一口に会計事務所といってもさまざまなので、規模や事務所の雰囲気を基準にして、働く場所を徐々に見定めることが大切です。税理士試験を目指している段階であれば、実務を通しながら勉強もできる職場を見つけてみましょう。早い段階で実務を経験しておくことは、その後のキャリア形成にも影響を与えてくるものです。

中小企業向けの税務業務を極めるか、税務だけではなく会計のプロも目指すかで進んでいく道は異なるので、自分に合った職場を見つけていきましょう。

関連記事:「規模や業務内容に注目!自分に合った会計事務所の選び方」

 

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。


会計・税理士事務所の転職・就職は「会計求人プラス」 class=

-転職ハウツー
-, , ,