会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

未経験でも会計事務所で働くための基礎知識

未経験でも会計事務所で働くための基礎知識を徹底解説!

ここでは、会計事務所への就職や転職に興味があるものの未経験だから…と不安に思っている方へ、未経験で会計事務所へ就職するために必要な情報をお伝えします。

会計事務所ってどんな仕事をするところなんだろう?
経験がないし…と初めから諦めてはいませんか?

誰でも最初は未経験から始まります。この記事を参考にして、是非、会計事務所への就職を成功させましょう!

会計事務所ってどんなところ?何をするの?

会計事務所と聞いても、具体的にどんな仕事をするところなのか、思い浮かばない人も多いでしょう。そんな会計事務所が未経験の方のために、会計事務所の仕事内容を簡単にお伝えします。

会計事務所とは税理士事務所・税理士法人・公認会計士事務所についての総称になります。
実情としては税理士事務所・税理士法人が該当するケースが多く、税理士事務所では主に税務に関する業務を請け負っています。
会計事務所の業務は以下のような業務に分かれています。

税理士の独占業務

税務書類の作成、税務代理、税務相談の3つを税理士の独占業務と言い、税理士の資格のある者だけが行える業務です。

記帳代行

記帳代行とは担当する会社の取引の会計帳簿への記帳を代行する作業ですが、実際には会計ソフトへの入力作業となります。顧問契約を結んでいる税理士が、自分の事務所の補助者に入力業務を行わせることが一般的です。

簿記3級程度の知識があれば行える単純作業ではありますが、最低でも簿記の基礎知識はあることが望ましいでしょう。個人の税理士事務所の仕事内容の中では、この記帳代行が大きなウエイトを占めます。

その他の業務

巡回監査、税務調査の立会、事業承継、経営コンサルなど、会計事務所の仕事の内容は多岐にわたります。

会計事務所では、どんな人が働いているの?

会計事務所ではどんな人が働いている?
では、会計事務所で働いているのはどんな人達なのでしょうか?
会計事務所が未経験の方にも分かりやすく説明しましょう。

税理士試験合格者

税務代理のような税理士資格を持った人にしか出来ない業務(独占業務)は、税理士試験に合格した税理士の先生が行います。

税理士試験科目合格者

会計事務所には、税理士資格取得を目指して働きながら勉強している人も沢山います。
税理士試験合格後、税理士として登録するには2年以上の実務経験が必要とされます。
会計事務所で税理士補助として働いた経験は税理士試験合格後に実務経験として認められ、すぐに税理士登録できるというメリットがあります。

税理士試験を目指して勉強中の人

税理士試験は国家資格の中でも難関ですから、取得までには数年から十数年を要します。
働きながら経験を積んで税理士を目指したいという場合には、会計事務所での仕事は最適と言えるでしょう。

簿記の知識を生かして働く人

会計事務所の求人では「簿記検定2級尚可」という表示がよくあります。
会計事務所の仕事は会計ソフトへの入力業務が主になると考えられますが、会計ソフトヘの入力には簿記の知識がある程度は必要です。

簿記2級の資格があれば、会計事務所にとっては必要な人材となるでしょう。簿記3級を持っている方は最低限仕分けの意味は理解出来ているということですので、そこから会計の知識を増やしていくことが出来るはずです。
簿記3級の知識で入所して、会計事務所で活躍している方も多数います。

会計事務所は未経験でも経理の経験を生かして働く人

会計事務所は未経験だけど、経理で働いたことがあるという方もいると思います。
経理で働いていた、というのは十分貴重な実務経験になるでしょう。

会計事務所では、比較的小さな規模の会社の給与計算や社会保険事務などを引き受けて代行しています。会社の経理で給与計算などをしていた経験を是非アピールしていきましょう。

それ以外の人

経理の実務経験もないし、簿記の資格もない、という方。
会計事務所によっては簿記や会計の資格も実務経験もない、未経験から働き始めた方が多数在籍するところもあります。

会計事務所の業務は多岐に渡るので、会計の知識を必要とする業務以外にもクライアントとのやり取りや書類の作成業務など、会計以外の知識が役立つ業務もあります。
その場合には、パソコンのスキルやコミュニケーションスキル等が必要になってくるでしょう。

異業種転換で会計業界を希望する方もいると思います。
そういう方を積極的に応援したいという方針の会計事務所もありますので、自分の今までの経歴を活かしながら、会計の知識をつけていける事務所を探してみましょう。
また、大学時代に経済学部や商学部で学んでいたという方も、会計事務所での仕事を考えても良いかも知れません。

もしくは、簿記の資格を取ってから会計事務所への転職を考える方法もあります。
個人差はありますが、簿記3級は1日1時間程度の勉強で2~3ヶ月もあれば取得可能な資格です。現在仕事をしながら転職を考えている方でも、仕事をしながら取得出来るでしょう。

会計事務所は月の中でも忙しい時期と比較的暇な時期に分かれます。
時間的にもある程度融通が効きますので、週に何回とか1日何時間までとかというフレキシブルな働き方も可能です。そのため、会計事務所は子育てで忙しい主婦が働くのにも適した環境でもあります。
未経験から業界に入ってくる方も多く、採用市場は広く開かれているというのが実情です。

会計事務所で働くメリット

会計事務所が未経験という人向けに、会計事務所で働くメリットについて説明しましょう。

・税理士試験合格後、すぐに税理士登録ができる
・勉強しながら働きやすい環境
・会計事務所の業務内容は広いので、様々な経験が積める可能性
・今後の転職や再就職の際にも有利
・時短勤務など、様々な働き方の可能性がある
・スキルを高めて、キャリアップしていくことができる

税理士試験科目合格者にとっては会計事務所での経験が税理士資格取得に必要な実務経験になるので、税理士試験合格後はすぐに税理士登録ができるというメリットがあります。
また、会計事務所は資格取得に理解がありますから、働きながら税理士試験合格を目指したい方にとっては勉強しながら働きやすい環境と言えるでしょう。

税理士試験を目指す以外にも経営コンサルや事業承継など、会計事務所の業務内容は広く、様々な経験が積める可能性があります。
税理士を目指す人ではなくても、会計事務所で経験を積むことは会計の知識が身につきますから、スキルアップにつながるでしょう。

働きながら会計の知識を深めて、簿記1級に挑戦するという選択肢もあります。
1級の知識があれば決算まで任せられるので、より仕事の幅が広がるでしょう。

一方で子育て中の主婦などが時短勤務で働くこともできるなど、会計事務所には色々な働き方の可能性があります。
このように会計事務所ではそれぞれの目指すところによって多様な働き方ができ、スキルを高めてキャリアアップしていくことができるというメリットがあるのです。
会計事務所が未経験という方こそ会計の知識を付けて、キャリアアップを目指せるチャンスがあるでしょう。

未経験で会計事務所を目指す場合に必要なことは?

未経験で会計事務所を目指す場合に必要なこと
未経験で会計事務所を目指す場合に必要なことについて、説明します。
実際にはこれらを総合して判断されますが、資格があっても未経験の場合は年齢とのバランスも考慮され、年齢が若いほうが有利になることが多くなるでしょう。

しかし「経験」の中には、会計事務所での経験だけではなく、「社会人としての経験」も含まれると考えられます。
社会人としての経験のある方なら、会計事務所が未経験であっても、チャレンジすることをオススメします。

簿記・会計の知識

未経験で会計事務所で働くためには、簿記・会計の知識があることが望ましいでしょう。
働きながら知識を増やしていくことも重要ですが、簿記のルール、仕分けの意味程度は理解しておきたいところです。

もっとも、会計事務所では事務所ごとに採用の方針が違います。
簿記・会計の知識が不可欠という事務所もあれば、会計の知識は入ってから徐々に覚えればいいという方針の事務所もあります。

基本的なパソコンスキルは必要

会計ソフトへの入力や税務書類の作成など、会計事務所の業務にはパソコンのスキルは必須です。パソコンスキルに自信のある方は、会計事務所が未経験でも今までの経験を活かして働ける可能性があります。

学んでいく意欲とコニュニケーションスキル

会計事務所では税制改正など、変化に対応して勉強しなくてはならないことが沢山あります。それらを学んでいくという積極的姿勢が必要です。

また、会計事務所では、クライアントである会社の担当者等とのコミュニケーションも大切です。「コミュニケーションスキル」はクライアントとのやり取り(業務)にも必須になりますので、今までの社会人としての経験は会計事務所で未経験で働く場合にも活かされるでしょう。

未経験で会計事務所で採用されるのに有利な資格は?

・税理士試験科目合格
・簿記検定
・社会保険労務士
・中小企業診断士
・行政書士
・司法書士
・宅地建物取引主任など

会計事務所では力を入れている分野によって必要とされる資格は様々ですが、これらの資格を持っている人は会計事務所未経験でも資格を活かして働ける可能性があるでしょう。
会計事務所の中には、入所後これらの資格の取得のための費用を一部補助してくれる事務所もあります。

研修制度や教育体制は?独学は何をすればいい?

会計事務所の独学は何をすればいい?
会計業界では税制改正や関連法案の施行など、知識の更新が頻繁に発生します。
会計事務所も対応として社内・社外セミナーの実施で知識の共有・更新に努めているところが多くなります。

それ以外に、税理士試験対策として自己学習用の教材の提供や知識更新に関する書籍購入補助など、福利厚生で成長を後押ししてくれる事務所は数多く見かけることができるでしょう。
とはいえ、業務時間内のOJTとは別に自身で勉強が必要な業界と考えておいてください。

教育体制をどのように整えているかは会計事務所ごとに異なりますので、面接の際に細かく確認しておくと安心です。

未経験で会計事務所で働きたい時、どうやって会計事務所の募集を探せばいいの?

求人募集にも多数の媒体があり、それぞれ一長一短があります。

・ハローワーク
無料で掲載が可能なため利用する事務所も多いですが、件数の水増しで「出しているだけ」の求人も少なくありません。
内容も文字だけでイメージを掴みづらく、企業サイトを持っていないと面接時に見聞きする情報が全て、になる点は注意が必要です。

・求人サイト
基本的に有償サービスのため募集企業の採用意欲が高く、写真やPR文により企業イメージを掴みやすいのが特徴です。
多数の求人から絞込で自分の希望する求人を探せるため、業界や条件が決まっていると比較検討をスムーズに行うことができます。

・検索エンジン
掲載される求人内容は求人サイトの掲載内容が中心で、複数の求人サイトから情報を得られる点が特徴です。
応募は掲載元の求人サイトから行う必要があるため、1つで完結しない点に注意が必要です。

・求人広告(求人誌)
一部の媒体は折り込みチラシとしてポストに投函されるため、求人サイトでは普段見ない求人に出会えるのが特徴です。
目標とする業界が定まっている場合は希望に合う求人が掲載されていることは少なくなるほか、
パート・アルバイトの掲載が中心で、ある程度業界が偏ってしまう点に注意が必要です。

・人材紹介
一般には公開されていない特別な求人(非公開求人)の紹介で、専門のエージェントが転職をサポートしてくれます。
経験者やハイクラスの求人が中心となるため、残念ながら未経験層の募集は期待できません。

一般的に複数の媒体を使うのが基本とされていますが、求人サイトのメリットが大きいのが実情です。
求人サイトについては「総合求人サイト」と「業界に特化した専門求人サイト」がありますが、目標とする業界が定まっている場合は項目が特化している専門サイトの方が使い勝手が良いと言われています。
会計事務所の求人を探す際は、まずは会計業界に特化した求人サイトを利用するのがおススメです。

将来像を描いたら一歩を踏み出してみよう

未経験で会計事務所で働く場合に必要な事が、イメージ出来たでしょうか?

会計事務所で働くといっても、全員が全員同じ働き方というわけではありません。
税理士を目指して知識と経験を積み重ねていく人、税理士の知識と経験を積みながらコンサルタント等の職種を目指す人、税理士そのものは目標とせずサポート業務に徹する人など。同じ業務に取り組んでいても最終的に目標とするポジションは異なるでしょう。

事務所によっては全員が税理士を目指さなくても良い、という考えをしているところもあります。
どのような働き方を将来像に描くかでキャリアパスも変わってきます。
未経験だから…と諦める前に、一歩、踏み出してみることをオススメします。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-転職ハウツー
-, , ,