会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人のへのお役立ち情報

会計求人プラスに戻る

会計業界で実務経験を積むためには

税理士などを目指し実務経験を積むならアルバイトがおすすめ!会計事務所へのステップとは

2023/01/10

「税理士事務所・会計事務所で働いてみたいけれど、経験がないし雇ってもらえない」という悩みや「資格取得のために税理士事務所・会計事務所での勤務実績が欲しい」「自分のキャリアアップのために税理士事務所・会計事務所で働きたい」など思ってる人は数多くいます。

しかし、どの場合も何が問題なのかといえば「税理士事務所・会計事務所での実務経験がない」すなわち業界未経験ということです。
 
会計業界での就職・転職では、資格を取得していると有利に働きますが、一番優先されるのは実務経験だったりするのです。

実務経験がないゆえに雇ってもらえないという状況が発生してしまいます。ではそういった場合どのようにして会計業界での経験を積めばよいのでしょうか。

その1つの答えとしては、正社員に限らずパートやアルバイトまで範囲を広げて仕事を探すということです。

会計事務所や経理へ転職をするなら会計業界専門の転職サイト「会計求人プラス」が最適!
完全無料の会員登録はこちらから

どのような雇用形態であっても経験は経験

会計事務所で働くには、資格を持っていることよりも実務経験者が有利であることは言うまでもありません。

しかし、本当に経験者でなければ会計事務所で働くことができないのでしょうか?

実は、働き方にこだわりを持たなければ会計事務所で働くことは難しくはありません。それはどういうことなのでしょうか。

「パートやアルバイトで経験を積む」

これが最大のポイントになります。

パートやアルバイトで会計事務所へ就職して一定の経験を積んだ後、正社員に変更するというケースは珍しくありません。会計事務所は専門職であり、独特な業界であることから正社員で採用してもなじめないという人がいます。

そういったミスマッチを防ぐべく、はじめはパートやアルバイトから始めてのちに正社員に採用する、といった会計事務所は意外と多いのです。

ただし、注意も必要です。パート・アルバイトで働く場合は、正社員と比べて収入が少ないことが想定されます。実際に生活していくために必要な費用を試算し、どの雇用形態での就職が最適かは検討することをおすすめいたします。

資格があっても実務経験がものを言う

会計事務所という業界は、税理士事務所を含め資格があるに越したことはありません。しかし、試験に受かっただけでは資格の取得はできません。税理士試験や公認会計士試験に合格して、登録するために必要なのが実務経験です。

試験に合格する前に実務経験の年数を満たす人もいますが、すべての人がそうではありません。そういった場合、正社員での就職を希望しがちですが最も早く会計事務所に就職するには「パートやアルバイトの活用」です。この求人を利用して会計事務所で実務経験を積んでもよいのです。では実際にどういった時期に求人が出やすいのでしょうか。

会計事務所の最も忙しくなる繁忙時期といえば確定申告の時期です。実際には12月の年末調整、1月の法定調書と償却資産税の申告、それが終了するのと同時に3月半ばまで確定申告時期に入り、3月決算の申告期限である3月まで忙しさは続きます。3月決算は日本企業において最も決算が多い時期で、これは上場企業でも中小企業でも同じです。会計業界では、この5月が過ぎるまで非常に忙しい時期が続きます。

※2023年については、新型コロナウィルスの影響から確定申告の期限が変更される場合があります。

確定申告は税務知識がある人がしなければいけない難易度の高いものもありますが、高度な専門知識を必要としない医療費控除や住宅ローン控除のような難易度の低いもあります。こういった「数をこなす」ということがメインになる内容の場合は、できればパートやアルバイトの人に手伝ってほしいのです。では、そのような求人はどうやって見つけるのが良いのでしょうか。

ただし、あくまでも補助的な業務を行うものであり、税理士の独占業務まで対応することはできないことは把握しておきましょう。

参考:国税庁「令和4年分確定申告特集 準備編」

会計業界での
パート・バイト探しなら

「会計求人プラス」

家庭との両立、税理士のための勉強など、フルで働けない理由がある。でも、どうやってそんな求人を探せば良いのかお困りの方に会計業界の求人を専門とした求人サイト「会計求人プラス」がおすすめです。
会計業界の求人のみを扱っており、パート・アルバイトなどの求人情報も揃っています。貴方のご希望に最適な転職・就職を会計求人プラスがお手伝いいたします。会員登録(無料)すると、企業から直接スカウトメールが届くシステムになっています。忙しい人でも効率的に転職活動をすすめられます。

どうやって見つけてる?パートやアルバイトの求人

会計業界でのパート・アルバイトの求人

探す方法は意外なところにもある

確定申告時期に臨時でパートやアルバイトを雇いたい場合、最も可能性が高いのが人づてというのもありますが、その会計事務所周辺のスーパーなどにあるビラで募集することも多いです。

臨時で人を雇いたい場合、経費にシビアな会計事務所の場合は特に求人媒体にお金をかけることは極力避けたいと考えています。もちろん雇用後に交通費を支払わなければいけなくなっては、さらに経費が掛かります。その点をうまくかなえるのが近所のビラなのです。

ただ、ビラは確かに敷居が低いことを認識させますが、自分が知りたい求人内容が全て掲載されているかどうかもわかりませんし他の募集と比較もできません。求職者にとって不利益な情報は掲載されていないことも考えられます。しかし、自分で1件1件確認するには時間と手間がかかります。

そのような時に自分の右腕となって活躍するのが求人サイトと人材紹介会社です。どちらも専門職に特化したサービスがあります。

ハローワークでも求人はあるのか?

実際のところ、パートやアルバイトの求人は繁忙期に限らずハローワークへ行けば必ずあります。ハローワークの求人の場合、その後正社員につながるものも含まれています。ビラと同様ですが、費用をかけられない事務所では好条件も期待しにくくなります。
会計事務所で働くことを目的にするのであれば、仕事内容にとらわれることなくまずは働いてみる、環境を知ることが大切です。

また、近所に求人が見当たらないということもあります、ハローワークであれば、勤務地の範囲を広げて探すこともできますので、パート・アルバイトの求人も見つかりやすいです。

都心の求人に関してはハローワークよりも転職サイトなどの媒体が利用されることが多い傾向がありますので、注意が必要です。

参考:厚生労働省「ハローワークインターネットサービス」

ネットを活用するのがおすすめ!

ハローワークのほか、専門職の紹介をしている紹介会社もその特性を活かした求人案件を持っています。紹介会社をうまく活用するには1番初めの面談で自分の希望をいかに伝えるかが重要です。

求人・転職サイトでは自分の都合を考えて事務所を探せるのがメリットです。実務経験を積みながら資格取得を目指す場合、学校に近い、交通の便が良いといった都合を満たす事務所の募集も期待できます。また、最近ではスマートフォンからの利用がほとんどですので、ちょっとした時間を使っての転職活動が可能になっています。

また、求人・転職サイトはスカウト機能を持っているサイトがほとんどですので、会員登録をすれば、会計事務所側から直接スカウト(応募依頼)が届きます。スカウト機能の最大のメリットは、事務所側が貴方の経歴・スキルを見て、マッチする可能性が高いと思われていることです。貴方がスカウトを送ってきた事務所の情報を確認し、興味を持たれたのなら、マッチする率は、通常の応募よりも非常に高い確率になります。

効率的に転職活動を進めたいと考えているなら、会計業界専門の転職サイトに登録して、スカウトを待つというのも有効な手段です。

ハローワークやビラでの求人を探す場合、さまざまな業種の求人が混ざっていますので、会計事務所のパート・バイトを探すのはなかなか難しくタイミング次第ということになるでしょう。

ネットを活用し、会計業界専門の転職サイトで探すことにより、会計事務所に特化した求人を探すことができますので、就職・転職したいタイミングで仕事を探しやすいのが特徴です。

また、会計事務所で働くパート・バイトの事情について、更に詳しく知りたい場合は「会計事務所にはパート・バイトが必要?仕事内容や求人の探し方のコツとは」の記事をご覧ください。

資格試験勉強中の学生でも働ける

会計事務所のパートやアルバイトの求人は、確定申告時期に学生がアルバイトで申し込めば普通に採用されます。もちろんアルバイトやパートですから、責任ある仕事は任せてもらえません。会計事務所のパートやアルバイトに求められているのは、高度な専門知識ではなく数をこなす仕事を任せることができる人なのです。しかし、そこは自分の働き方次第で変わってきます。

資格の勉強をしている学生であれば、アルバイトで実務経験を積みながら学校にも通えます。

将来的に資格取得を目指している旨を伝えれば、単なるパート・アルバイト以上の仕事に触れる機会も得られるでしょう。

時間を上手く使えるよう融通が利くのが会計事務所のパート・アルバイトなのです。

また、会計事務所も資格取得を目指して試験勉強と実務経験を両立するということも理解してくれて、さまざまなサポートを受けられる可能性も高いのです。

少なくても、試験勉強について、会計事務所には必ず税理士がおりますので、同じ苦労を経験してきていますので、理解をえらえるはずです。

予備校や専門学校に通っている場合は、勤務地にも配慮したほうがいいでしょう。予備校や専門学校の近くにあるか、その動線の間にある会計事務所であれば往復の時間も節約できますので、その分を勉強に費やすことも可能です。

資格取得をするための実務経験を積む場所のまとめとは!

会計事務所にパート・アルバイトで働くという手段は、あまり知られていないため、未経験で資格勉強中では就職は難しいと考えてた方がほとんどだと思います。

しかし、そんな貴方を求めている会計事務所は非常に多くあるのです。

まとめてみると、

  • 会計事務所にはパートやアルバイトの求人はたくさんある
  • 勉強を始めたばかりだとしても実務に触れることは十分可能
  • 狙い目は確定申告時期(業界の繁忙期で人手が必要)

上記を踏まえて、試験勉強を優先したいが実務経験も積んでおきたい、未経験だが会計業界で働きたいと思っている人なら、まずは会計事務所でパート・アルバイトで働くという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

パート・アルバイトの仕事を探すにあたり、繁忙期を中心に求人情報をチェックしておくことが近道ですが、毎日自分でハローワークに行くのも大変です。そんな時は人材紹介会社(転職エージェント)や求人・転職サイトの活用がおすすめです。

人材紹介会社(転職エージェント)は求職者に代わって希望の案件を常に探してもらえます。客観的に求人内容を確認しているのでミスマッチも防げます。人材紹介会社にはその会社の掲載できない詳しい情報も知っていて提供してもらえます。

なにより転職エージェントは、会計業界に精通したコンサルタントが業界未経験の方にはわかりやすく、転職ノウハウや、会計業界の情報、最適な履歴書・経歴書の書き方なども教えてくれることです。

また、不安に思っていること、心配なことも相談に乗ってもらうことができますし、言い出しにくい給与交渉や残業時間の確認なども対応してくれます。

求人・転職サイトは複数の求人を比較できること、スマートフォンを使えば隙間時間で求職活動ができることがメリットです。

ただし、大手の求人・転職サイトは、総合的な職種を扱っており、地域も全国だったりするため、とても多くの求人を扱っている反面、求人情報の内容もハローワークと同様、一般的な項目や条件で構成されています。

会計業界で働くことをご希望であれば、求人・転職サイトも会計業界(会計事務所、税理士事務所、経理など)を専門に扱うサイトをご利用されることをおすすめします。
専門的な情報が掲載されていますので、例えば、資格勉強を支援している事務所をさがすことも容易です。

資格試験に合格していないからと引っ込み思案にならず、事務所の空気や実務に積極的に触れてみてはいかがでしょうか。

難関資格である税理士試験、公認会計士試験など、取得に向けて努力されている姿は、税理士事務所の代表税理士も経験されてきています。
理解がある環境で実務経験を積みながら資格取得を目指してください。

会計業界での
パート・バイト探しなら

「会計求人プラス」

家庭との両立、税理士のための勉強など、フルで働けない理由がある。でも、どうやってそんな求人を探せば良いのかお困りの方に会計業界の求人を専門とした求人サイト「会計求人プラス」がおすすめです。
会計業界の求人のみを扱っており、パート・アルバイトなどの求人情報も揃っています。貴方のご希望に最適な転職・就職を会計求人プラスがお手伝いいたします。会員登録(無料)すると、企業から直接スカウトメールが届くシステムになっています。忙しい人でも効率的に転職活動をすすめられます。

投稿者情報

会計求人プラスシニアエージェントK
会計求人プラスシニアエージェントK
会計事務所や税理士法人、一般企業の経理職など会計業界の求人情報が豊富な「会計求人プラス」を運営し、日々多くの求職者の方、会計事務所の採用ご担当者とお話をさせていただいています。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す未経験の方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かして年収アップやスキルアップしたい方などを全力で支援しています。
その一環として、会計業界でお役に立つ情報をお届けするために10年以上記事を書いています。是非、会計業界で働く人が楽しく、知識を得られるような情報をお伝えできればと思います。

ピックアップ求人

-税理士