会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

税理士の年収ってどのくらい?年収1,000万円を目指すには

2017/01/12

税理士といえば、資格取得までに数年かかり、合格までの難易度も高いことで有名ですね。税理士の勉強をするためにスクールに通う人も多く、資格取得のための費用もかかります。実際のところ、税理士って本当に儲かるのか疑問に思っている人もいることでしょう。その専門性の高さから、税理士の平均年収は一般的に男性・女性ともに高い水準になっています。税理士になると、実力次第で日本の大企業に勤める人よりも高い年収を得られる可能性もあります。これから税理士になる人やさらにスキルアップしたい人は、より高い収入を得られるように挑戦してみてはいかがでしょう。

ここでは、税理士の年収や年収1,000万円以上の税理士を目指すためのポイントについて解説いたします。

税理士って儲かるの?あまり儲からないの?

2015年度の税理士の平均年収は、男性が790万円程、女性が570万円程という結果が出ています。30代では男性・女性ともに平均年収が700万円程になり、これは一般的な企業に勤めるよりも高い年収が見込めるという結果になっています。

税理士になると、給料とは別に福利厚生面での手厚いサポートを受けることができます。税理士とその家族のための年金や生命保険などが用意されているため、税理士の多くが利用しているそうです。税理士報酬の高さと福利厚生が充実していることから、豊かで安定した生活を送っている税理士がたくさんいます。

税理士資格を取得後に独立開業すれば、収入に上限はないため、将来的に税理士として独立を目指す人も多いようです。

税理士はサラリーマンよりも年収が高い?

税理士は難易度の高い国家資格を取得した人だけがなれる職業のため、一般的なサラリーマンよりも高い年収であることが多いようです。日本の大企業に勤める人の平均年収が600万円程といわれていますが、税理士の平均年収は企業の規模により600万円〜900万円程になることが多いです。初任給の時点でも年収500万円程もらえる場合が多いのは驚きではないでしょうか。

税理士の資格を取得後、自分で事務所を構える人もいますが、その場合は税理士の顧問料を自由に設定することができるので、年収1,000万円程になるケースもあります。大手税理士法人に勤め上げ、役員クラスになることで年収1,000万円を手にする人もいるので、税理士は実力次第で高い収入を得ることができるお仕事です。

年収1,000万円以上の税理士について

税理士として年収1,000万円を手にするには、大手税理士法人に勤めるか、独立することで実現できる可能性が高いです。これから税理士になる人は、大手税理士法人に入社することで初年度の年収が500万円程、順調に行けば管理職で年収1,000万円程、役員になると年収1,500万円程にもなるそうです。もちろん、大手税理士法人は入社倍率も非常に高く、入社後も管理職や役員になれるのはひと握りの人になりますが、この業界には30代で管理職、年収1,000万円超えの人が多いことも事実です。自分の知識やスキル、得意分野を磨き続けることで、年収1,000万円以上の税理士を目指すことも可能になるでしょう。

将来的に独立を視野に入れている人も、まずは得意分野を築くことがポイントのようです。

年収1000万円以上の税理士を目指すには?

30代で年収1,000万円以上を稼いでいる人もいるので、本人の努力次第で到達できる可能性はあります。そのためには、大手税理士事務所に勤め上げるか、独立するという方法が考えられます。

独立をする際は、開業したばかりでまだ顧問先が少ない場合や経営が安定していないときは収入が不安定になりやすいこともありますが、軌道に乗れば年収1,000万円以上を目指すことも可能といえるでしょう。

開業して成功するためには、自分の得意分野、強みを活かして他社との差別化を図ったり、顧問先や提携先との信頼関係を作ったりすることで顧客を紹介してもらえる可能性があります。開業後の売上シミュレーションや事業計画をしっかり立てておくことがポイントになります。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-税理士
-,