会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

会計事務所の業務をクラウドサービスで効率化

テレワークでも役立つ!会計事務所の業務をクラウドサービスで効率化

2021/02/15

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、その影響で働き方にも大きな影響が出ています。テレワークに対応し三密を回避するため、日本の職場でもオンラインサービスの利用が増え、浸透していっています。また、電子帳簿保存法の改正により、会計帳簿についてある程度、紙ではなくデータでの保存が認められることになりました。これを良い機会として、提供サービスの見直しを図り、テレワークを利用した働き方や三密回避に使えるサービスの導入を検討していきましょう。
そこで今回は、会計事務所の業務を効率化し、テレワークでも役立つクラウドサービスについて説明します。是非、ご参考にしてください。

A.申告freee

申告freee

1.公式URL

https://www.freee.co.jp/advisor/tax-return/

2.費用

会計事務所ごとに異なるため、個別に相談が必要

3.サービスの概要

申告freeeは会計freeeを利用している会計事務所用のクラウド型税務申告サービスです。
数値を入力していくことで、税務申告書を作成していくことができ、作成した税務申告書は申告freeeから直接、電子申告をすることができます。
複数の顧問先について一括で電子申告できる機能や、税制改正に自動アップデートで対応してくれる機能などさまざまな便利機能を持っています。

B.クラウド経費精算freee

クラウド経費精算freee

1.公式URL

https://www.freee.co.jp/houjin/keihiseisan/

2.費用

会計freeeの月額3,980円以上のプランに加入していれば、経費精算freeeを利用可能です。

3.サービスの概要

経費精算freeeは会計freeeを利用しているユーザー用のクラウド型の経費精算システムです。
経費精算の申請はスマホで領収書の写真を撮り、数項目を入力するだけで完了します。また、複数の領収書について申請する際は、まとめてスキャンが可能です。会計freeeを利用している会計事務所であれば、経費精算freeeもすぐに使いこなせるようになると考えられます。
承認作業はアップロードされた領収書と申請内容を見ながら行うことができます。承認ステータスを一覧にて表示できるため、承認漏れの防止に役立ちます。また、iOSアプリからも承認が可能です。

C.マネーフォワード クラウド請求書

マネーフォワード クラウド請求書

1.公式URL

https://biz.moneyforward.com/invoice

2.費用

小規模向け:2,980円/月
中規模向け:4,980円/月
エンタープライズ:個別に相談が必要

3.サービスの概要

マネーフォワード クラウド請求書は、クライアントへの請求書の印刷から郵送を代行してもらうサービスです。
もちろん、メール送信機能もついています。発送ステータスを一覧で表示できるので、進捗状況の把握も簡単です。
マネーフォワード クラウド会計の利用は必須ではありませんが、マネーフォワード クラウド会計を利用し連携させれば、より業務を効率化できます。

D.マネーフォワード クラウド経費

マネーフォワード クラウド経費

1.公式URL

https://biz.moneyforward.com/expense

2.費用

・1~30名の会計事務所向け

<基本料金>
小規模向:2,980円/月 
中規模向け:4,980円/月
エンタープライズ:個別に相談が必要

<従量課金>
6名以上でご利用の場合
経費:1名あたり500円
給与:1名あたり300円
マイナンバー:1名あたり100円

これらの他にオプション料金がかかります。

・31名以上の会計事務所
個別に相談が必要

3.サービスの概要

マネーフォワード クラウド経費は経費精算をクラウド上で簡略化するサービスです。
領収書を撮影すると、OCR機能で読み取り可能です。手書きの領収書についてはオペレーターが入力を代行します。スマートフォンアプリでも経費の申請、承認ができます。
電子帳簿保存法に対応しており、領収書を電子化し、管理・保管の手間とコストを削減できます。

E.Microsoft Teams

Microsoft Teams

1.公式URL

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software

2.費用

Microsoft 365 Business Basic:¥540 ユーザー/月相当 (年間契約)
Microsoft 365 Business Standard:¥1,360 ユーザー/月相当 (年間契約)
Office 365 E3:¥2,170 ユーザー/月相当(年間契約)

3.サービス概要

Microsoft Teamsではチャット、通話、オンライン会議、リアルタイムの共同作業を、リモートワークか社内かを問わず行うことができます。
提供される一つのサービスに Teams以外にもOneDrive クラウド ストレージやOffice アプリ及び高度なセキュリティ オプションが含まれています。

F.slack

slack

1.公式URL

https://slack.com/intl/ja-jp/

2.費用

フリー:0円/月
スタンダード:850円/月
プラス:1,600円/月

3.サービス概要

Slackは主としてメッセージング及びビデオ通話のためのクラウドサービスです。
チャンネルごとに、各トピック、プロジェクト、チームに関する情報を整理できます。プロジェクトが終了し、チームが変わっても、Slack ならすべての内容が保存されているので安心です。また、Slack では会計事務所内だけでなく、クライアントとの情報共有も容易です。

G.Zoomミーティング

Zoomミーティング

1.公式URL

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

2.費用

基本:無料
プロ:20,100円/年
ビジネス:26,900/年
ZOOM UNITED BUSINESS:47,040 /年

3.サービス概要

オンラインミーティングにおいて最も知名度の高いサービスの一つがZoomミーティングです。
Zoomミーティングでは簡単にミーティングの主催・参加ができます。暗号化、役割別の操作権限の設定、パスコード保護、待機室などが使用できるため、セキュリティ面も安心です。

H. My集金NET

My集金NET

1.公式URL

https://www.nichizei.com/nbs/client/#shuukin

2.費用

基本料金:1,800円/月
口座振替料金:240円/件

3.サービス概要

My集金NETは税理士協同組合の事務代行社である日税ビジネスサービスが運営しているサービスで、月に1度の口座振替による集金を代行してくれます。
このサービスを利用するには、クライアントに口座振替依頼書を書いてもらい金融機関に届け出て、口座振替の登録をしてもらう必要があります。その後、こちらからはweb上でクライアント別にいくら請求するかを入力して請求を行うという流れになります。

I.クラウド給与明細 スマ給

クラウド給与明細 スマ給

1.公式URL

https://aglead.co.jp/sma9/

2.費用

初期費用 0円
月額費用 0円

オプション
メールサポート:2,000円/月
初期設定サポート:30,000円/1アカウント

3.サービス概要

給与明細を電子化し、スマートフォンやパソコンで閲覧するサービスです。基本費用は無料ですが閲覧期間やアカウント数の制限がありません。
給与計算の業務はそのままに、紙の給与明細の発行・封緘・郵送といった事務コストを削減できる上に、紛失の恐れがなくなります。

利用には注意点もあるが、効率化を簡単に進められる

会計事務所の業務を効率化し、テレワークでも役立つクラウドサービスについてご紹介してきました。貴事務所の業務を効率化できる、業務に役立つサービスがあれば導入を検討してみてはいかがでしょうか。

注意点として、オンライン系のサービスを使う際にはオンラインでデータを預けることになるので、情報セキュリティの意識をしっかりと持っておくようにしたいことが挙げられます。もしID・パスワードが漏れてしまうと、顧客情報の流出などの被害が生じてしまいます。マルウェア対策に関する教育にもしっかりと意識を持っておくようにしましょう。

クラウドサービスを上手に利用して、業務を効率化して下さい。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士法人、一般企業の経理職など会計業界の求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す未経験の方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かして年収アップやスキルアップしたい方を全力で支援いたします。

ピックアップ求人

-税理士の仕事
-,