会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

税理士の転職市場とは?転職の成功事例

2020/10/16

仕事もひと通り覚えて、ある程度経験を積んでいくと、誰もが一度は頭をよぎる「転職」という二文字。転職したい理由は人それぞれですが、ところで税理士の転職市場はどうなのでしょうか?「そろそろ転職しようかな…」と考えているなら、まずは転職市場や成功事例のリサーチからはじめましょう。十分な調査もしないまま安易に転職してしまうと、転職後に自分の希望とのミスマッチが起こり、「こんなはずじゃなかったのに…」という結果を招いてしまいます。転職を成功させるための市場動向や転職先、成功事例などをお伝えします。

税理士の転職事情・動向について

税理士とよく比較されるのが公認会計士です。公認会計士の資格を得ると税理士の仕事もできるため、税理士は公認会計士よりも、以前は格下と見られる傾向がありました。しかし、公認会計士を取り巻く環境が、リーマンショックを契機に激変し、公認会計士の就職先でもある監査法人の業績が悪化しました。一方、税理士は事業主が恒常的に対処しなければならない「税務」を扱うプロであり、常に安定したパフォーマンスを発揮しています。さらに、日本企業のグローバル化や、それに伴う複雑化した経理業務への対応ニーズが増えるなど、税理士の存在感は益々大きくなりつつあります。当然、そのような状況に対応すべく、税理士の人材確保に向けて転職市場も活発化しています。20代、30代、40代以降と年代によっても求められる経験やスキルも異なるため、その採用基準も変わってきます。その違いをまとめると概ね以下の通りになります。

<年代ごとの採用基準>
・20代… 税理士としての実績がまだ少ないため、学歴および税理士の試験合格科目数を見て今後のポテンシャルの高さで判断
・30代… これまでの実務経験の内容、税理士の試験合格状況を見て判断
・40代以降…税理士資格の有無、実務経験、部下のマネジメント経験、業務の専門性を見て判断

税理士の主な転職先

会計事務所・税理士事務所

税理士の転職先で最も多いのが会計事務所や税理士法人です。募集要項には、税理士の有資格者を対象とするところが多いようですが、まだ税理士試験にチャレンジ中で、一部の科目に合格している人を採用するケースもあります。主な仕事内容としては、クライアント企業の税務申告、税務相談、帳簿作成を行います。

また、転職先を選ぶポイントとして、転職先の「規模・特徴」をよく理解して選ぶことが大切です。税理士法人には、「KPMG税理士法人」「EY税理士法人」「PwC税理士法人」「デロイトトーマツ税理士法人」のいわゆる「ビック4」と呼ばれる大手の税理士法人があり、その系列の税理士事務所に転職できれば、高い年収を得られる可能性が大です。それ以外の大手事務所、中小規模の事務所になると、クライアントは中堅企業が中心になります。年収や業務内容は、事務所の規模によってかなり差がありますので、よく調べた上で選びましょう。

コンサルタント業

コンサルタント会社も転職先の一つです。コンサルタント会社は、企業に対して経営アドバイスを行うことが業務の中心になります。そのため、税務知識だけでなく、経営全般に関する知識が求められます。コンサルタント会社に転職するメリットには、(1)企業の経営について幅広い知識が得られること(2)税務業務に限らず経営コンサルタントとしての技量が磨けることがあります。さらに将来、自分が税理士として将来開業する場合にも、クライアントへ税務相談のみならず、経営アドバイスも行うことができます。

一般企業

税理士には一般企業に転職するという選択肢もあります。一般企業の場合は、すでに税理士事務所、あるいは会計事務所と顧問契約を結んでいることがほとんどでしょう。税理士資格を持つ社員として、顧問税理士とダイレクトに税務の話ができる貴重な存在として活躍できます。また、税務の専門知識があれば、通常の経理処理にも役立ち、顧問税理士に逐一相談しなくても、正しい税務処理を行うことができます。さらに、社長や経営幹部に対して経営アドバイザーとして活躍することも可能です。税務の知識は経営の知識と深く結びついているので、税務に詳しい人材は経営陣にとっても頼りにされることでしょう。

税理士の資格をすでに持っている方、まだ税理士ではないものの、すでに何科目かクリアし、現在も勉強中の「科目合格者」の方は、会計知識も豊富にあるので、転職活動も有利に進むでしょう。しかし、だからと言って、十分な調査もしないまま安易に転職してしまうと、転職後、自分の希望とミスマッチが起こり、「こんなはずじゃなかったのに…」という結果を招いてしまいます。

転職で失敗する原因としては、主に(1)雇用条件の確認不足(2)面接時の希望伝達不足(3)転職後のビジョンや目的が曖昧 などが挙げられます。転職するなら、「自分の希望通りの職場で働きたい!」と考えるのは皆同じです。とは言っても、転職先のサイトの採用情報を全部自分でチェックするのは面倒ですし、一人で転職先を探し続けるのもちょっと不安で心も折れそうです…。

税理士が転職したい理由とは?

理由1:今よりも将来性のある環境で働きたい

現在勤務中の事務所の将来が心配で転職を考える人がいます。例えば、事務所の後継者問題があります。その解決策として、(1)外部から後継ぎ候補者を雇用して事業承継する(2)M&Aで社内のスタッフと顧客を他の事務所に事業移譲する(3)解散する などが挙げられます。

今後の事務所の前途に不安な点があると、どれだけ現在の収入が安定していてもいつまで続くか不明なため、転職を考えはじめる社員が出てきます。問題解決に向けて何らかの社内的な動きがあったとしても、今までと同じ待遇や環境で働けるとは限りません。万が一解決できない場合、事務所を解散する可能性もあり、職場そのものがなくなることもあり得ます。

他にも、クライアントが減っている事務所も将来に不安を感じてしまいます。税理士事務所には、医療や飲食店などの専門分野を得意とするところもあります。ある特定の業種に特化するのは「強み」でもありますが、一方で、その業界の景気に大きく左右される「弱み」にもなります。

また、所長の経営方針が、今後の時流にマッチするかも大きな分岐点になるでしょう。将来に不安を抱える事務所では、自身のスキルを活かしたくても、仕事量が少なければ発揮する場所もありません。このように、事務所の未来のビジョンが見えず、将来性が感じられない場合、転職を考える人が多いようです。

理由2:収入も大事だけどワークライフバランスも大切にしたい


昨今の働き方改革によって、「ワークライフバランスを大切にしたい」と考える人が増えています。ワークライフバランスとは、日常生活と仕事の調和を意味しています。仕事に人生の多くの時間を費やすのではなく、家庭や自分の時間も大切にして心身をリフレッシュさせ、仕事と家庭の両方においてより良い相乗効果を作ろうという考え方です。

しかしながら、行政が目指すビジョンとは裏腹にワークライフバランスが十分に取れない職場もまだまだ残っています。もし、現在あなたが勤務している事務所がずっと多忙な状況に置かれている場合、それが繁忙期なのかそれとも平常期なのか、一度振り返ってみてください。税理士の仕事にも確定申告が殺到する繁忙期や、嵐のような忙しさが過ぎて平穏に戻る平常期があります。

繁忙期なら確定申告の納期もあるため、多少の無理も仕方ありません。しかし、年間を通じて恒常的に多忙な日々が続き、改善される見込みがないのなら、事務所に残業を減らす対応をしてもらえるのか確認してみてはいかがでしょう。税理士には、企業の税務対策や会計処理代行などをする社会的責任がありますので、決算時期などの繁忙期はどうしても残業時間が増えがちです。しかし、すべての税理士事務所がワークライフバランスを取るのが難しいわけではありません。経営努力で職員の残業を軽減できているところもあります。

心身共に充実した環境で仕事ができる職場と出会えると、繁忙期でも家庭や自分の時間を確保できるでしょう。ワークライフバランスを推進する事務所も増えていますので、転職を検討するようでしたら、現在の職場で残業負担の軽減が見込めるかどうかも含めて、このまま残るべきか、あるいは新天地を目指すかを判断しましょう。

理由3:職場の人間関係がスムーズな環境で働きたい

「職場の人間関係が上手くいかずに悩んでいる…」という声は、税理士に限らずどんな職業でも耳にすることが多いのではないでしょうか。一緒に働くメンバーとの関係性によっては、仕事がスムーズに進まない場合も考えられます。職場の雰囲気は、所長の考え方や経営方針によって大きく変わるのが特徴です。

職員によっては業務スキルを重視した実力主義のところもあれば、年功序列による上下関係を大切にするところもあります。職場の経営方針による影響が強いため、職場の気風が合わなかったとしても、一人の職員が環境改善を主張しても受け入れられるのは難しいでしょう。昔は職場内で飲み会を開いてコミュニケーションを取るケースが多かったのですが、最近では仕事以外での交流が少ない状況です。

ある特定の誰かとの関係が問題で仕事が上手くいかないなら、上司に相談することで部署を変えてもらうなどの対策が講じられます。しかし、事務所の雰囲気や方針が合わない場合、転職を考えた方か良いかもしれません。独立するという選択肢もありますが、独立には税理士資格の取得と相応の実績が必要なので簡単に進められる話でもありません。

転職を考えるなら、自分がどのような職場に向いているのかを考えておきましょう。求人内容だけでなく職場の雰囲気にも着目し「自分が向いている職場」を見つけられるのが理想です。「途中で辞めてしまうと、他の人にも迷惑がかかるのでは…」と一瞬ためらうかもしれません。しかし、人間関係のストレスは独りで抱え込むには大変なものがあります。職場の雰囲気に上手く自分を合わせるのが難しいようでしたら、そこから離れることにためらいは不要です。
税理士の資格を取得したからと言って、税理士事務所だけが職場とは限りません。資格を活かせる分野が幅広いのが税理士の魅力ですが、あなたの現在の仕事における充実度はいかがですか?何年経っても同じ内容の仕事ばかりで、もっとステップアップしたいと考えている方や、仕事量が多くて自分の時間が持てずにモヤモヤしている方もいるようです。
もし、そのような状況が続き、自分で改善できる見込みが少ないなら、職場環境や働き方を変える「転職」が有効です。

理由4:自分の能力を生かしてステップアップを目指したい

「仕事の領域を広げてステップアップを目指したい」と前向きな理由で転職する人もたくさんいます。税理士事務所によって、対応できる仕事にも差があるため、ある程度仕事に慣れてくると物足りなさを感じるケースも少なくありません。新しい領域にチャレンジして仕事のスキルを広げたい人や、経験を積んで将来は独立を目指したい人に多いのが特徴です。

転職希望先の面接で退職理由を聞かれたときにも、ステップアップを目指した前向きな退職である旨を伝えることがポイントです。仕事の領域を広げたい前向きな意欲は、受け入れる側にプラスの印象を与えます。また、税理士の資格を活かして転職するなら、(1)勤務税理士(2)企業内税理士(3)開業税理士の3つの選択があります。

自分で独立する開業税理士は、自分の裁量次第で仕事ができるという点がメリットです。一方で、勤務税理士は開業税理士に比べて年収は下がりますが、組織に所属しているので安定した収入が得られます。また、一般企業の経理社員として働く企業内税理士になることも可能ですので、自分自身がステップアップできる職場を選びましょう。

それぞれの働き方にはメリットはもちろんデメリットもあるので、安易に選択せずにしっかりと事前調査と自己分析をしてから転職することが大切です。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-税理士
-,