会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

意外なところに需要も!税理士の転職先とは

2018/08/21

転職を考える場合、転職先の選択肢を広げるためには新たな資格を取得して専門分野を広げるというやり方が有効です。資格にはさまざまな種類がありますが、その中でも税理士資格は転職先の幅は大きく広げる可能性があります。そこで、税理士になった場合の転職先についてお伝えします。

☆税理士になると転職先の幅が広がる

転職先を探す場合は、自分の強みや経験を活かせる仕事を選ぶのが一般的です。それまで働いていた職場で磨いたスキルや経験があれば、転職先での面接で評価される可能性が高いです。転職者を受け入れる企業は即戦力を求めていることが多いため、一定の経験を積んでいる人や高いスキルを持っている人が採用されやすい傾向にあります。そのため、競争相手となる他の応募者との差別化を図ることが転職の成功につながり、転職先の選択肢を広げることにも役立ちます。差別化を図る方法はさまざまですが、税務のプロである税理士になることも差別化を図る有効な方法の1つです。税理士になるためには国家試験である税理士試験に合格して一定の実務経験を積んだうえで登録を受ける必要があります。税理士になると税務のプロとして認められることになります。税理士は独立開業に向いている仕事としても知られていますが、企業の中で税理士としての知識やノウハウを活かして働くという選択肢もあります。ビジネスの世界では税の知識は欠かせません。そのため、転職先の幅も広がります。税理士になって転職する場合の転職先は主に3つあげられます。1つ目は会計事務所や税理士事務所への転職、2つ目はコンサルタント会社への転職、そして3つ目は一般企業への転職です。(※1)

※1.【KAIKEI FAN】税理士のキャリアパス

☆王道の転職先!?会計事務所や税理士法人に転職

税理士になって転職する場合、王道の転職先は会計事務所や税理士法人です。会計事務所などが転職者を受け入れる場合、税理士であることを条件として募集することが多いです。税理士試験の勉強中で一部の科目に合格している人を採用するケースもありますが、すでに税理士になっている人であれば即戦力で活躍してくれることが期待できますので税理士になっていれば転職しやすいでしょう。会計事務所や税理士法人に転職できれば、税理士資格を最大限に活かして働くことができます。仕事内容は、顧客である企業の税務申告や税務相談に乗ることが中心で、帳簿作成まで請け負うこともあります。税理士資格がないとできない独占業務を思う存分できる点が魅力といえます。転職先を選ぶ場合は事務所の規模による特徴を把握したうえで選ぶことが重要です。ビック4と呼ばれる国際的な税理士法人があり、その系列になっている超大手税理士事務所に転職できれば高い年収を得られる可能性が高いです。顧客も大企業が中心です。ただし業務内容は細分化されていることが多いため、広く浅く税理士業務をしたいという人には向かないかもしれません。それ以外の大手事務所や中小規模の事務所になると、顧客は中堅企業が中心になります。ビック4の系列の事務所よりも広い範囲の税理士業務経験を積める可能性が広がるでしょう。また、小規模の個人事務所なども転職先としての候補になります。年収や業務内容は事務所によってかなり差がありますので、よく調べたうえで選ぶ必要があります。個人事務所の場合は所長の力量により収益性や業務の質が変わりますので、所長の経営者としての能力や人材育成能力に注目して選ぶとよいでしょう。(※1)

※1.【KAIKEI FAN】税理士のキャリアパス

☆コンサルタント会社でコンサルタントを目指す

税理士の転職先としてはコンサルタント会社も選択肢に入ります。コンサルタント会社は、企業に対して経営アドバイスを行うことが業務の中心になります。そのため、税務知識だけでなく経営全般に関する知識が要求されることになるでしょう。コンサルタント会社に税理士として転職するメリットは、企業の経営について幅広い知識が得られることと、税務分野に縛られずに経営コンサルタントとしてのスキルを磨けることです。コンサルタント会社からさらに転職を考える場合に、経営コンサルタントとしてのスキルがあることは有利に働くはずです。また、税理士として将来開業する場合にも、経営に関する幅広い知識とノウハウは税務相談業務を行ううえでも役立ちます。税務に強いことはもちろん、経営者の相談役になれるという強みを身につけることにつながるでしょう。(※1)

※1.【KAIKEI FAN】税理士のキャリアパス

☆経理のプロとして一般企業活躍!

税理士になって一般企業に転職するという選択肢もあります。一般企業の場合は、すでに税理士事務所や会計事務所と顧問契約が締結されていることがほとんどでしょう。税理士資格を持っている経理社員として働くことによって、顧問税理士と税務に関する話をする窓口として活躍することができます。また、税務の専門知識があれば日常の経理処理にも大いに役立つはずです。いちいち税理士に処理方法の確認をしなくても正しい税務処理を行うことができる優秀な経理社員としての評価が得られることが期待できます。さらに、社長や組織長などの経営幹部の相談役として活躍することも可能です。税理士の専門知識は税務に関することが中心ですが、税務の知識は経営の知識と深く結びついています。そのため、税務に詳しい人材は経営にも詳しいと頼りにされることも多いはずです。経理社員として一般企業で働くことにより、ビジネスの仕組みや現場と会計処理のつながりなどを学ぶこともできます。現場がよくわかっている税理士として将来独立することも視野に入ってきます。税理士資格は取得したが税の専門家という立場ではなく広くビジネスの中で税務の知識を活かしたいという人は、一般企業の経理としての転職を検討してみることをおすすめします。(※1)

※1.【KAIKEI FAN】税理士のキャリアパス

☆まとめ

税理士になって転職する場合、転職先は会計事務所や税理士法人だけだと思いがちですが、実際にはそんなことはありません。コンサルタント会社や一般企業の経理として転職する道もあります。もちろん会計事務所などに転職をすればプロの税理士としてのキャリアを積むことができます。事務所の規模によって身につく税務のスキルは変わりますのでどんな税理士になりたいかをよく考えたうえで事務所を選ぶことが大切です。また、コンサルタント会社や一般企業であれば経営者としてのスキルを身につけながら税務のプロとしての知識やノウハウを使って活躍することもできます。転職先を選ぶ場合は、意外なところにも税理士の需要があることをよく理解して、広い選択肢の中から自分にあった転職先を選ぶようにしましょう。

◆◆「会計・税理士事務所の転職・就職は「会計求人プラス」」◆◆

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-税理士, 転職市場動向