会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人のへのお役立ち情報

会計求人プラスに戻る

転職エージェントを活用する

会計業界専門の転職エージェントを活用した最速・効率的な転職活動とは?

2022/10/31

現在の職場に不満を抱え、今より環境のよい職場への転職を考えている人は少なくありません。しかし、自分だけで転職先を探すと、職場探しがうまくいかず再び悩みを抱えることも考えられるでしょう。そういった場合におすすめなのが転職活動をサポートしてくれる転職エージェントです。

今回は、転職エージェントについて詳しく解説していきます。

転職エージェントの特徴

転職エージェントとは、転職を考えている人と求人を出している企業をつなぐサービスです。転職や就職に関するプロフェッショナルであるアドバイザーが在籍しており、利用者のサポートを手がけます。単に、職場を紹介するだけではなく、利用者の希望やこれまで培ってきたキャリア、特性を客観的に分析し、適した求人を紹介してくれる点が特徴です。また、よりよい人材を探している企業にとっても、適した人材を紹介してもらえるため、効率的に採用できます。

以前は人材紹介といった呼び方が多かったようですが、現在では転職エージェント、転職コンサルタントなどと呼ばれることが増えています。

人材紹介会社の評判として、詳しい話を聞いてくれる前に求人をどんどん紹介してこられてしまい、断りきれないまま面接を繰り返してしまい、そのまま内定を始めにもらった事務所に転職してしまったが、いざ入社してみると「思っていたのと違う」といったミスマッチが沢山目につくようになって、半年たたないうちに退職を考えるようになったというようなケースも耳にしました。

昔は内定を獲得することが困難なほど企業側の力が強いといった関係性もあり、沢山面接をして内定を勝ち取るといった考え方の人材紹介会社も多かったのです。人材紹介会社は仕事を探している人からは費用は一切いただくことはないのですが、入社が決定するとその事務所から報酬を頂くと言った流れになっているため、多少強引でも入社を決めるための動きをしていたのです。

しかし、転職エージェントと呼ばれるようになった現在では、専門性をもった転職エージェントが増え、会計業界を専門とした転職エージェントも出てきています。
会計事務所は人手不足による経験者の中途採用活用が厳しくなってきていることもあり、事務所の特徴などを細かに伝えようとしてくれるケースも増えていたり、従業員の待遇もよくなっていますので、以前と比較しても求職者である貴方が求人を選定することも可能になっているのです。

会計業界専門の転職エージェントは、入社してからのGapを減らし、ネガティブな要因で退職を選択されないためにも、ご要望や条件を細かにヒアリングさせていただき、適切な求人に絞り込んでご紹介するようになっています。

転職エージェントの役割

一般的に、登録は無料でおこなえる転職エージェントが多いです。登録後は、面談によってこれまでのキャリアや希望などを細かくヒアリングします。その上で、マッチする求人を紹介してもらい、転職に必要な書類のチェックや面接対策などのサポートも受けられるため安心です。内定が決まれば、入社手続きや条件交渉も担当してくれます。

転職エージェントにも種類がある

転職エージェントにも種類がある

転職エージェントの主な種類は「総合型」「専門特化型」「サーチ型」の3つです。効果的に活用するためには、それぞれの特徴を理解しておくことが大切です。続いては種類ごとの特徴を解説します。

総合型エージェント

総合型エージェントは業界や職種を問わず、幅広い求人を紹介しています。国籍を超えてサポートしている業者も多く、日系企業や外資系企業などを紹介してもらえるケースもあります。また、企業規模も問わないため、大手企業や有名企業を取り扱っているところも多いでしょう。転職したい意思はあるけれど、業界や業種を絞りきれていない人にとっては、それぞれの業界を照らし合わせながら選択できるので重宝します。

専門特化型エージェント

転職先の業界が決まっている人におすすめなのが、専門特化型エージェントです。総合型とは異なり、専門的な業界や職種に絞った転職先を紹介しています。業界を問わず求人を紹介している総合型と比べて求人数自体は劣るものの、特化した業界に関する知識やつながりが豊富な上、より綿密なサポートが可能です。また、業界全体の流れを把握できるため、本当に必要なスキルや知らなかった現場の情報なども得られます。

会計業界で転職するなら会計求人プラス

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


会計求人プラスは、会計業界に特化した求人サイトです。
「転職エージェントを使って会計業界への転職を考えているのに、良い転職先が見つからない」ということはありませんか?もしかしたら対応している業界が広い「総合エージェント」を活用しているため、会計業界に絞りきれていないのかもしれません。
「会計求人プラス」は、会計業界に特化した求人を紹介するだけではなく、会計業界に詳しい担当者が転職をしっかりとサポートいたします。
会計業界に特化した転職エージェントサービスについて、詳しくは以下ページをご覧ください。

サーチ型エージェント

「スカウト型」や「ヘッドハンティング型」とも呼ばれるのがサーチ型エージェントです。企業から依頼を受けてマッチする人材を探してくれる点が特徴です。多くの案件が非公開になっており、経営陣や管理職クラスのエグゼクティブや専門家などの求人が豊富にあります。そのため、転職を希望していない人にも白羽の矢が立つことがあり、思いがけずスキルを最大限に活用できる企業から選ばれる可能性もあるでしょう。ただし、対象者が絞られる上、求人数も少ないため転職の難易度は高くなります。

転職エージェントを利用するメリットとは

転職希望者にとって、転職エージェントは頼りになる存在です。しかし、どんなメリットがあるか、把握しきれていない人も多いでしょう。続いては、転職エージェントを利用するメリットを6つ紹介します。

転職支援サービスが無料で受けられる

転職エージェントは、利用者から手数料を取るのではなく、企業側から報酬を得ているのが一般的です。この背景には、職業安定法が関わっています。職業安定法第三十二条の三 において、有料職業紹介事業者は求職者から手数料を超してはならないと定められているためです。
企業側は、よい人材を紹介してもらったお礼に手数料を支払います。企業にとって、従業員は財産であり、採用活動は経営において重要な課題です。できるだけ長く働いてもらうためにも、自社に適した人材を見つけなければなりません。しかし、募集広告を出したとしても、見合った人材が応募してくることは保証されず、時間やコストもかかるのが現実です。そこで、転職エージェントを活用すれば、最適な人材を紹介してもらえる確率が上がります。利用者にとっては無料で最大限のサポートを受けられるのがメリットです。

エージェントが転職先の提案や相談をしてくれる

転職エージェント会社には、転職に関する知識を豊富に持ったエージェントが在籍しています。基本的に、専任の担当者が付いてくれるため、転職先の提案や相談に関してもブレなくサポートしてくれるのが特徴です。
特に、転職を考え始めた初期の段階は、漠然とした不安を抱えている人も多くみられます。友人や家族に相談するのもひとつの手段ですが、やはり知識やノウハウを持った人に相談したほうが、具体的なアドバイスをもらえるので安心です。

選考企業とのスケジュールを調整もしてくれる

転職を希望する人の多くは、前職に従事しながら転職活動をしている人も少なくありません。また、初めて転職をする人にとって、転職の流れはわからないことが多いものです。転職エージェントを利用すれば、選考企業と面接日に関するスケジュール調整をしてもらえます。調整を任せたことで空いた時間を、面接練習や転職対策に活用できます。

履歴書・職務経歴書の添削や面接のアドバイスを受けられる

転職する際に必要なのが、履歴書や職務経歴書の提出です。企業にとっての第一印象になるものであり、書類選考の通過率を上げるためにも見せ方を工夫しなければなりません。転職エージェントを利用すれば、履歴書や職務経歴書の添削を受けられるため人事の目に留まりやすい書類を作成できます。
また、転職者にとって難関といえるのが面接です。転職エージェントでは、面接対策に関しても手厚いサポートを手がけているため、本番に向けて十分な練習ができます。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントの多くは、一般的な求人媒体にはない非公開案件を持っています。登録した人のみが応募できる案件で、専門性が高い人材や企業側が必要とするスキルを持った人材を探す際に活用されるのが特徴です。そのため、公開されている求人よりも好条件が提示されている可能性が高いでしょう。

内定企業の条件交渉を代行してもらえる

転職エージェントの魅力は、内定後のサポートにもあります。配属先や給与に関する交渉にも当たってくれるため、内定先とトラブルになる可能性を避けられます。また、利用者にとって有利に働くように調整してくれるため、安心して交渉を任せられるでしょう。

メリットを活かした転職エージェントの選び方

メリットの多い転職エージェントですが、選び方を間違うと希望する職業に就けない可能性があります。続いては、転職エージェントの選び方を解説します。

自身に合う転職エージェントの種類を選ぶ

転職先の業種が決まっていない人は3つの種類の内、総合型を利用したほうが、さまざまな業種を比較できるため便利です。逆に業種を絞っている人が総合型を利用しても、思ったような職種を見つけにくいことがあります。
このように、転職エージェント自体が自分の目的にマッチしていなければ、転職をスムーズに進められません。まずは、自身の転職に適したサービスを選ぶようにしましょう。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは、それぞれに保有している案件が異なります。また特性も異なるため、登録先によっては相性が合わない可能性も考えられるでしょう。そのため、複数のサービスに登録すると比較しやすくなります。

扱っている求人やサービスを比較する

転職エージェントを選ぶ際にポイントとなるのが、求人の取り扱い数や内容、サービスの質です。自分にとって有益な情報を持っているサービスを見つけて登録すると、転職の流れもスムーズになります。複数のサービスに登録したのちは、それぞれの特性はしっかりと比較するようにしましょう。

会計業界で転職するなら会計求人プラス

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


会計求人プラスは、会計業界に特化した求人サイトです。
会計業界での転職を希望している方が、あらゆる業界に対応している「総合型エージェント」を利用すると、他の業界の求人に埋もれて目当ての求人が見つかりにくい可能性があります。業界に特化した求人を探す場合は、「専門特化型エージェント」がおすすめです。
「会計求人プラス」は会計業界に特化した求人をご紹介するだけではなく、会計業界に精通したスタッフがサポートいたします。特性や希望にマッチした転職先を探している人は、ぜひ下記のページをご覧ください。

転職エージェントを利用するときに注意したいこと

転職エージェントを活用することには、メリットだけではなく注意点もあります。どのような点に気を付けるべきかを把握しておくと、スムーズなサポートが受けられるでしょう。続いては、転職エージェントを利用する際に注意したいことを4つ解説します。

転職エージェントの特徴によって相性が異なる

転職エージェントと一括りにしても、業者によって特徴が異なります。自分の希望や考え方とマッチするサービスを選ばなければ、理想的な就職先に出会えない可能性もあるでしょう。また、担当者との相性が悪いことが足かせとなり、転職がスムーズに進まないことも考えられます。

自分のペースで転職活動がしにくい

転職エージェントによっては、売り上げを重視するあまり利用者の意向を汲まずに提案をするところも少なからずあります。こうした業者を選んでしまうと、業者のペースに巻き込まれてしまう可能性もあります。自分のペースを大切にして転職を進めたい人にとっては、転職活動がしにくいと感じることもあるでしょう。

担当者(キャリアアドバイザー)との調整が手間になる場合もある

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが担当してくれるのが一般的です。二人三脚でサポートしてもらえる安心感がある反面、逐一情報共有をする必要があり手間になる場合もあります。担当者によっては、連絡の頻度が多すぎてストレスを感じることもあるでしょう。

担当者によってスキルに差がある

転職エージェントには、複数のアドバイザーが在籍しており、スキルにもばらつきがあります。スキルの高い担当者が付けば、上質なサービスが受けられ、スムーズに転職ができるでしょう。しかし、経験が浅い担当者になると、十分なサービスが受けられない可能性もあります。

転職エージェントを利用するコツ

転職エージェントをかつようするコツ

転職エージェントに依頼する際はコツを押さえて、より効果的に利用したい人も多いでしょう。続いては、転職エージェントを利用する際のコツを4つ解説します。

相性が悪いと感じたら、担当者を変えてもらう

人にはそれぞれ相性があります。そのため担当に付いたアドバイザーとの相性が悪いと感じる場合があるでしょう。違和感を持ったままサポートを受けると、満足できる結果が得られない可能性があります。相性が悪いと感じたら、無理をせず担当者を変えてもらうことをおすすめします。このとき、単にクレームを入れるのではなく、具体的に合わなかったポイントを伝えて、適切な担当者に変えてもらうことがおすすめです。

担当者との連絡方法を明確にする

転職エージェントでは、担当者とのやりとりが肝となります。企業の情報や面接、入社に関するやりとりは、メールや電話を利用するのが一般的です。担当者とのコミュニケーションが滞ると、転職自体がスムーズに進まず不安を感じることになります。
例えば、仕事をしながら転職活動をする場合、仕事中だと電話に出られない可能性も高いでしょう。事前に、電話対応がしやすい時間帯を明確にしておくとスムーズです。

自身の経歴やスキルは担当者と共有する

転職エージェントに登録すると、担当者と二人三脚で最適な職場を見つけることになります。そのため、担当者は利用者の経歴やスキルをしっかりと把握しておかなければなりません。
しかし、経歴を詐称したり休職歴や転職の理由などを伝えなかったりすると、適切なサポートが受けられません。よりよい職場を見つけるために、明確な情報を伝えるように心がけましょう。

紹介された求人は評判・口コミを確かめる

転職エージェントでは、利用者の希望に添った求人や能力に適した求人を紹介してくれるのが一般的ですが、担当者に頼りきるのではなく、自分で確認することも大切です。落ち着いて見ると、自分の希望とマッチしていない点に気づく可能性もあります。
また、提案された企業の評判や口コミのチェックも必要です。いくら条件がよくても、評判が悪ければトラブルになることも考えられるでしょう。最終的には自分の判断が重要になります。

まとめ

専門家のサポートが受けられる転職エージェントは、転職する人にとって頼りになるサービスです。しかし、転職エージェントにはさまざまな種類と特性があります。それらの違いを理解した上で、うまく活用できれば、多くのメリットが得られるでしょう。

会計業界で転職するなら会計求人プラス

社労士・行政書士などの資格を活かし会計事務所へ転職するなら会計求人プラス


会計求人プラスは、会計業界に特化した求人サイトです。
「転職エージェントを使って会計業界への転職を考えているのに、良い転職先が見つからない」ということはありませんか?もしかしたら対応している業界が広い「総合エージェント」を活用しているため、会計業界に絞りきれていないのかもしれません。
「会計求人プラス」は、会計業界に特化した求人を紹介するだけではなく、会計業界に詳しい担当者が転職をしっかりとサポートいたします。
会計業界に特化した転職エージェントサービスについて、詳しくは以下ページをご覧ください。

投稿者情報

会計求人プラスシニアエージェントK
会計求人プラスシニアエージェントK
会計事務所や税理士法人、一般企業の経理職など会計業界の求人情報が豊富な「会計求人プラス」を運営し、日々多くの求職者の方、会計事務所の採用ご担当者とお話をさせていただいています。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す未経験の方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かして年収アップやスキルアップしたい方などを全力で支援しています。
その一環として、会計業界でお役に立つ情報をお届けするために10年以上記事を書いています。是非、会計業界で働く人が楽しく、知識を得られるような情報をお伝えできればと思います。

ピックアップ求人

-転職ハウツー
-