会計業界での転職
失敗しないためには?

攻略方法を伝授します!

誰もが初めてもしくは数回しかない転職活動の経験値、
大事なターニングポイント、失敗しないためのノウハウ。

会計業界での転職失敗理由
ランキング!

No.1
募集背景など確認せず入社してしまい、残業が多いことに気がついた
No.2
入社後の業務の確認が不十分だったため、望む業務につけなかった
No.3
自己分析ができてないまま転職し、キャリアップにならなかった
No.4
給与体系を確認しないまま入社し、給与が下がった
No.5
代表の考えや社風が自分には合わなかった

会計求人プラスのエージェントサービスをご利用いただいた求職者の方におうかがいした転職してみたら、
たと思った理由の多かったものをランキング形式でご紹介しています。

会計業界で
転職活動が失敗するパターンを
ご紹介

No.1

募集背景など確認せず入社してしまい、
残業が多いことに気がついた

募集背景など確認せず入社してしまい、残業が多いことに気がついた

応募した事務所が退職続きの中での人手の穴埋め募集だったため、事前に聞いていた待遇どころではなく残業続きになってしまったというケースをよくうかがいます。企業研究をしっかりとしていなかったため、募集の背景も確認しないまま応募してしまい、入社後に多忙に陥ったケースもあるようです。その他にも、長所としてアピールされている点の理由(裏付け)が見えないまま言うことを信じてしまったり、気になる点があっても妄信してしまった後悔も失敗談として聞こえます。

No.2

入社後の業務の確認が不十分だったため、
望む業務につけなかった

入社後の業務の確認が不十分だったため、望む業務につけなかった

複数の職種・業務で募集がされており、希望する職種・業務をやれるか確認しないまま入社が決まってしまい、入社後に希望していたものとは別の業務を担当することになり、考えていたキャリアアップを果たせなかったということも非常に多くうかがいます。
勝手に好意的な解釈をしてしまい、詳細を確認せずに、求人募集の内容は絶対と思いこんだり、という原因の場合もあるようです。実際に担当する業務の確認など、重要としている点はしっかり確認しておく必要があります。

No.3

自己分析ができてないまま転職し、
キャリアップにならなかった

自己分析ができてないまま転職し、キャリアップにならなかった

キャリアアップするために転職をしたものの、自身のスキルが仕事内容に追いつかず上手く仕事を進められなくなった、または、新しい成長ができる場にも関わらず自身の興味が沸かず環境を活かせなくなった事例です。キャリアプランの練りこみが甘く、必要なスキルや経験が足りないまま次のステージへ行ってしまっていたケースや、転職理由の追求ができておらず、本当に希望する仕事がわからないまま転職したケースが見受けられます。
転職活動の開始時に分析をしっかりと行い、場合によっては第三者の助言を仰いで適切な転職先を見定めましょう。

No.4

給与体系を確認しないまま入社し
給与が下がった

給与体系を確認しないまま入社し給与が下がった

残業や休出などの勤務条件や、賃金面の条件を優先するあまり、資格手当や賞与、インセンティブ等の条件面の待遇確認ができていなかったケースです。
実際の収入を想定した給与シミュレーションができていなかったり、他社との比較ができておらず相場観がないまま話を進めてしまった場合などにも発生します。転職先を決める前から退職日を決めてしまい、焦って転職先を探して初めに内定をもらったところに入社してしまったというケースもあります。どのぐらいの待遇が適切かも含め、比較検討をしながら事前に希望する待遇を決めておき待遇低下を防ぎましょう。

No.5

代表の考え社風
自分には合わなかった

代表の考えや社風が自分には合わなかった

代表の考えが事務所の姿と考えていたところ、将来の姿を語っていただけで実情とかけ離れていた等の事例です。
会計事務所は規模が小さいところが多く、代表の考え1つで事務所が動くところが少なくありません。現場の担当者や同僚のような、働く際のイメージを聞ける相手と話をする機会を作れていなかったり、面接時に職場見学で雰囲気を感じ取る時間が取れていなかったりした場合に発生します。
面接先には後日でもオフィス見学をしたい旨を入れて、現場担当者と話をする時間を取りましょう。

こんな失敗をしないために、
攻略法をおつたえします!

転職を成功するための攻略ポイント!

Point.1

転職活動を始める前に、
必ずしてください!

転職の目的をはっきりとする

転職する目的が曖昧ですと、どの事務所がマッチしているかを判断することができません。
なぜ転職しようと考えたのか、また、何を重要としているのか、何を実現したいのか、目的を明確にする必要があります。「仕事にやりがいを見つけたい」「楽しい職場環境で働きたい」などですと抽象的すぎて、どのような求人を探していいのかわかりません。やりがいとはなにか、楽しい職場環境とは何かまで考えることで、どのような事務所を探しているのかが見えてくるのです。

今できることを整理する

自分に合った会計事務所を選ぶには、まずは現在の自分の実力を知らなければなりません。これまでの経験年数と、経験してきた内容を把握しましょう。例え、経験が少なかったり、スキルが足りなかったりするからといって後ろ向きに感じる必要はありません。あくまでも、自分の現状に合った働きやすい職場を見つけることが目的です。

Point.2

求人情報を見るときに気をつけること

求人サイトの使い方、見るべきところ

大小含め非常に多くの求人サイトがあります。その中の多くは業種、職種を問わない総合求人サイトになるかと思います。総合求人サイトは求人情報の掲載数は大きいですが、会計業界の求人数自体は多くはありません。掲載されている項目も一般的な項目が大半はなので、業界特有の条件などについては、掲載されていないことも多いのです。会計業界への転職をお考えの場合は、専門の求人サイトをご利用されることをおすすめいたします。運営企業も業界のことを把握しているので、専門的な項目や条件も記載されていますし、探しやすいというメリットもあります。
求人情報の内容で注意が必要なのは、雇用形態が正社員なのか契約社員なのか、給与にみなし残業代がふくまれているのか、転勤有無、休日についてなど、資格などの応募条件、未経験OKと記載があるが、知識はあることが必須などについては必ず確認をされたほうがよろしいかと思います。

Point.3

面接時にきをつけること

会計事務所の面接は殆どの場合、所長との1回で合否が決定します。大半の事務所は10名以下の従業員数となってますので、所長が人事を含め強い実権を持っている場合がほとんどです。100名を超えるような大規模事務所の場合では2〜3回の面接が行われることがありますが、非常に少ないケースだと思います。多くても2回と程度と理解されておけば間違いないでしょう。

一次面接

4つの質問で良い事務所家を見分けることも可能です。経営理念、給料体系、社員のやる気、職場の空気感について是非確認してください。また、転職活動前にまとめた転職の目的については、面接のときにも非常に役立ちます。大切なのは、求人内容に記載のない部分について確認することです。例えば、給与体系は明確になっているか、事務所内の組織体制はどうなっているか、事務所のポリシーなどを直接伺うなど、求人内容からは見えない部分を確認することが重要です。

最終面接(二次面接がある場合)

面接が2回以上ある場合、最終面接は所長だけで対応する場合がほとんどです。まずは、一次面接の際に質問をした4つの質問を所長にもしてみてください。所長と現場の方の意識が一致しているかがわかります。また、小規模事務所の場合は所長のスタンスや、貴方との性格的な相性などをよく確認することをおすすめします。大規模事務所の場合は、働き方のスタンスや社風、ビジョンを聞いてみてください。自身のキャリア、考えた方と違いがあれば、質問してみるのもいいでしょう。

面接時の注意点、給与交渉はいつするのがいいのか?
Check.1第一印象は重要!
面接に赴く際に今一度、服装や身だしなみが整っているかチェックすることを忘れないでください。第一印象は今でも非常に重要です。
Check.2自身の言葉で話すこと!
ときには返答に困るような質問をされることもありますが、正解を探すのではなく、質問の意図を確認しながら、自身の言葉で返すように心がけてみてください。貴方の対応力を見ている場合があります。
Check.3勉強優先の発言には注意が必要!
税理士を目指している方は、勉強する時間がもてるかどうかは非常に重要です。ただし、勉強時間のことを気にしすぎてしまい、業務のことをないがしろにしてしまっているというようなことも。どのように業務と勉強が両立できるかを聞いてみるのがよろしいでしょう。
Check.4給与交渉は後半で!
給与・残業・休日については、決める上で非常に重要な要素です。また、なかなか面と向かって聞きづらい部分でもあります。入社してから思ってたのと違ったというのはよくある失敗談です。面接の初めに聞くのではなく、最終面接の後半などで聞く方が印象がいいかと思います。また、人材エージェントに相談することで、給与交渉や聞きにくい質問などは対応してくれる場合が多いので、おすすめです。
Point.4

現場での立ち振舞における注意点

退職の意思はいつ伝えるのがいいのか?

務めている事務所に退職を申し出るのは、退職希望日の最低でも1ヶ月前には上司に伝えましょう。引き継ぎに時間がかかることが予想されるのであれば、考慮した期間を持てるように早めに申し出ることで事務所に配慮することができます。ただし、転職先の入社日の指定がある場合は、考慮してください。

仕事の引き継ぎは?

会計事務所の業務は属人化していることも多く、引き継ぎに時間がかかってしまう場合があります。退職を決めた時点でマニュアルを作っておくと引き継ぎもスムーズに進める事ができるかと思います。
また、有給休暇を消化している期間であってもまだ従業員です。引き継ぎをされる方からの問い合わせやフォローなどは対応することで、余計な問題はおこりにくくなります。

転職を成功させるため
転職エージェントを活用しよう!

転職を成功するために確認事項や注意点がたくさん!

!?一人で進めるのは難しい!
転職を考えている方のほとんどは、初めてか、2〜3回程度の転職活動経験だと思います。わからないこともたくさんある中で、悩んでしまってなかなか進まないなんてこともよくあります。
そこで多くの転職をサポートしている転職エージェントに相談するのがおすすめです。
?転職エージェントってどんなサービス?

転職エージェントというのは、主に人材紹介サービスのことをいいます。
求職者にとって最適な転職ができるようにサポートするサービスです。

条件に合う企業をマッチング

条件に合う企業を
マッチング

常に多くの事務所、求職者をマッチングしているプロフェッショナルなエージェントがご要望など細かくヒアリングし、希望にマッチした企業を探してくれます。

提出書類の添削、面接対策フォロー

提出書類の添削、
面接対策フォロー

履歴書・経歴書などの添削サポートや、面接時の注意点などのフォローなど、エージェントが持っているノウハウ教えてくれます。

給与などの条件面の交渉サポート

給与などの条件面の
交渉サポート

面接のときに最も交渉しにくい給与面など、面と向かって言いにくいことも、貴方に代わり事務所と交渉してくれます。

!転職エージェントを選ぶときの注意点
会計事務所に転職をご希望されているかと思いますが、その場合は注意が必要です。
業種、職種を限定しない総合転職エージェントですと、会計業界のことを理解していない場合がほとんどです。業界特有の悩みを相談したい、細かな条件などを提示したい場合などは会計業界専門の転職エージェントにご相談されることをおすすめいたします。

会計業界専門の転職エージェントサービス
会計求人プラスにまずはご相談ください
ご利用は完全無料です!

会計業界のプロフェッショナルが
貴方のお悩み・お困りごとを
全面的にサポートいたします

CEHCK POINT
会計求人プラス

会計求人プラスとは

会計事務所や税理士事務所からの求人情報が
豊富な「会計求人プラス」は
“あなた”と
“あなたを必要としている企業”をつなぐ

求人マッチングサイト

会計業界に特化しており、会計事務所、税理士事務所(税理士法人)をはじめとして、監査法人、コンサルティング会社、一般企業の財務・経理などの求人情報を中心に公開しています。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。
求人情報は、勤務地、雇用形態、仕事内容、またはあなたのスキル、経験、資格などから検索できます。総合転職サイトとは違い、独立開業を支援している企業や資格学校への通学を考慮してもらえる企業など、会計業界ならではの視点で求人を探すことも可能です。

会計求人の
エージェントサービスとは?

ABOUT AGENT SERVICE

まずは、今悩んでいらっしゃることを相談してください。仕事だけではなく、
プライベートも含めた貴方のお悩み事、困った事、全般的にご相談ください!
会計業界専門のエージェントが自分の市場価値を客観的に分析し、お伝えいたします。

1
進むべき道への支援

進むべき道への支援

「転職」するにあたり、その動機・目的・目標を確認し、重要ことは何は、不足していることは無いのか等を確認し、進むべき道の支援をします。場合によっては転職しないほうが良いと率直にお伝えします。

2
企業の特徴を伝える

企業の特徴を伝える

個人事務所が多く、差別化もしにくい会計業界で企業の特徴をしっかりお伝えすることを心がけています。会計業界専門だからこそ、見える部分があります。

3
10年以上の経験を活かして

10年以上の経験を活かして

会計業界の特化した求人サイトを10年以上運営してきたノウハウから、どのような職種、業務内容が適切かを面談を通じてご説明をしております。また、業界での市場価値を明確にお伝えします。

4
転職後も安心のフォロー

転職後も安心のフォロー

企業を紹介して終わるのではなく、転職後も安心頂けるフォローを体制を持っております。転職後に感じた違和感、説明と異なった待遇等、不信感を頂いた場合は、相談を受付けており、私達が企業との折衝を行っておりますので、ご安心ください。

会計求人エージェントサービスに登録する
ご利用の流れ

ご利用の流れ

Flow
会員登録

STEP.1会員登録

登録は1分で完了します。
ご登録後にキャリアアドバイザーからご連絡し、面談日のご調整などをさせていただきます。

スカウトも受けられます!
求人サイトへも同時に登録されますので、求人情報へのエントリーも可能、事務所から直接スカウトメールも届きます。プロフィールを登録すると、より多くのスカウトが届きます。
面接

STEP.2面談

あなたが保有する経理・財務・税務会計分野の資格や、これまで培ってきた経験、そして希望を元に、企業様からお預かりしたプレミアム求人(非公開求人)の条件と照らし合わせながらマッチした方に面談のご連絡をさせて頂きます。面談ではキャリアアドバイザーがあなたの希望や条件にあったプレミアム求人(非公開求人)をご紹介させて頂くうえで細かくヒアリングを実施します。

STEP.3プレミアム求人(非公開求人)
紹介・書類添削・面接対策

プレミアム求人紹介・書類添削・面接対策

面談で確認させて頂いた内容をもとにあなたにあったプレミアム求人(非公開求人)をご紹介します。応募前に書類添削から面接対策なども実施。

STEP.4企業面接

企業面接

条件に合致するプレミアム求人をご選択いただきますと、企業とのご面接を行っていただきます。面接日の日程調整はご対応させていただきますので、面接の準備に集中していただけます。

STEP.5内定・入社

内定・入社

入社日の調整や条件交渉までお任せください。入社後も面談を希望の方には定期的にお会いして状況確認やステップアップまでご相談にのります。

Let’s Try!

会計業界のお仕事探しは
会計求人プラスで。

登録今すぐ無料登録!

ソーシャルアカウントで登録する

メールアドレスで登録する

メールアドレス(ログインID)
パスワード
お名前
 
性別
生年月日
現住所
お探しの求人
※内容の変更・詳細な設定はマイページから可能です。
(ご希望の雇用形態)
  •  
  •  
(ご希望の勤務地)
これまでのご経験
※内容の変更・詳細な設定はマイページから可能です。
(会計事務所での職務経験)
(お持ちの資格)
日商簿記:
エージェントサービス
エージェントサービスは経験豊富なエージェントが、あたなにマッチした求人をお探し致します。
エージェントサービスについて詳しく見る

会員登録には、利用規約同意通知書への同意が必要です。

無料新規登録はこちら