会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人のへのお役立ち情報

会計求人プラスに戻る

公認会計士の登竜門といわれる日商簿記1級とは

日商簿記1級は公認会計士への登竜門と言われる理由とは?

2022/03/09

 超難関国家資格といわれている公認会計士は「質」の難易度が高いと言われ、膨大な試験範囲を理解するため多くの勉強時間をかけ、基本的には1度の試験で合格しなくてはならないので、戦略を立てて勉強しないと合格できないと言われています。

税理士試験のように科目制度がないことからも、1回の試験の密度が高く、集中して勉強できる環境を必要とします。そのような難関試験にいきなり挑むのは躊躇してしまい、なかなか一歩を踏み出せないなんていう人もいるかと思います。

 では、日商簿記1級は公認会計士試験への登竜門という話を耳にしたことはありませんか?簿記1級よりも公認会計士のほうが難しい試験であることはなんとなく理解されていると思いますが、詳細については解説が難しいかと思います。

 この記事では、簿記1級と公認会計士の試験内容などを比較し、どのような違いがあるのかを解説します。また、簿記1級を先に取得することのメリットはどのようなことなのかもお伝えします。

 公認会計士という資格はBIG4などの大手監査法人へ就職できるようなチャンスでもあることから、勉強時間を確保できる学生が多く挑んでいる資格でもあります。

簿記1級も非常に難易度が高く、取得することができれば大規模な企業で活躍できるレベルの知識を得ることができます。

それだけでも就職、転職が有利になりますので、取得しておくことに越したことはありません。公認会計士試験に挑む前に簿記1級を取得することは遠回りだという意見もありますが、その理由などを本記事で詳しく解説しますのでご参考にしてみてください。

日商簿記1級の特徴

 日商簿記1級は、極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベルの試験です。合格すると税理士試験の受験資格が得られます。公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門として認知されている試験です。

また、大企業であれば余すことなく活用できますが、中小企業の経理職では持て余してしまうほどの会計知識を身につけることができます。

 税理士試験を受験するためには、受験資格を得ていない場合は、簿記1級に合格することで受験資格をクリアしようとする人が多いようですが、公認会計士試験を受験するために、簿記1級に合格している必要はありません。

なぜなら公認会計士試験は受験資格に条件がなく、誰でも受験することが可能な門戸が広い試験だからです。

公認会計士の特徴

公認会計士の特徴とは

 公認会計士の資格は、監査業務が行える唯一の国家資格です。

 公認会計士は、公認会計士試験(短答式試験、論文式試験)に合格し、2年以上の業務補助等の期間があり、一般財団法人会計教育研修機構が実施する実務補習を受けて日本公認会計士協会による修了考査に合格した後、内閣総理大臣の確認を受けた者は、公認会計士となる資格が与えられます。

公認会計士として開業するためには、公認会計士名簿に登録し日本公認会計士協会に入会することが義務付けられています。

公認会計士へのフローとは

出所: 日本公認会計士協会

試験内容の違いとは?(比較)

 公認会計士の試験は短答式試験と論文式試験に分かれています。短答式試験の試験科目は、財務会計論、管理会計論、監査論及び企業法の4科目です。一方、論文式試験は、会計学、監査論、租税法、企業法及び選択科目(経営学、経済学、民法、統計学のうち、受験者があらかじめ選択する1科目)の5科目となっています。

 一方、簿記1級は、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算に科目が分かれています。

「商業簿記」は、購買活動や販売活動など、企業外部との取引を記録・計算 する技能で、企業を取り巻く関係者(経営管理者・取引先・出資者等)に対し、適切、かつ正確な報告(決算書作成)を行うためのものです。

「工業簿記」は、企業内部での部門別や製品別の材料・燃料・人力などの資源の投入を記録・計算する技能で、経営管理に必須の知識となっています。

学習範囲の違いとは?(比較)

 簿記1級試験は企業経営に役立つ会計情報を作成するための考え方を学習することを目的とした試験です。したがって、それに準じて学習範囲が決まっています。したがって、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算といった科目が学習範囲として定められているのです。

 一方、公認会計士試験は、企業が作成した財務諸表について、それが適正なものかどうかを監査するための考え方を学習することを目的とした試験となっています。

監査をするためには、どのように会計情報が作成されるべきであるのかがわかっていないといけないので、簿記1級で学習する内容も勉強しますが、あくまでもそれは監査のための一つの手段に過ぎません。つまり、簿記1級と公認会計士試験では、その目的が違うので、それに準じて学習範囲も違うものとなっているのです。

必要となる勉強時間や、難易度の違いとは(比較)

 簿記1級は民間資格です。そのため、資格を取得したからと言って、独占的に何らかの業務ができるようになるわけではありません。

簿記1級の試験は年に2回開催されています。このことから、合格までにおよそ半年程度の時間が必要と言われることが多いです。具体的な時間数としては、およそ1,000時間程度と言われています。

 一方、公認会計士は国家資格です。公認会計士の試験は「医師」や「弁護士」の試験と並ぶ日本三大国家資格と呼ばれており、非常に難易度が高いことで広く知られています。筆記試験は、合格率10%の難関であることから、独学での合格が限りなく難しい試験です。

 合格レベルに達するまでに要する勉強期間は、集中できる環境で約2~3年と言われています。最も合格者の多い属性は大学生ですが、これは、大学生が最も勉強のための時間を割けるからです。大学生の場合、十分な勉強時間を確保して1年半程度の時間が必要となります。具体的な時間でいえば、3,500時間が一つの目安とされています。

簿記1級は公認会計士への登竜門なのか?

日商簿記1級は公認会計士への登竜門なのか?

 かならずしも簿記1級は公認会計士への登竜門というわけではありません。
 簿記1級に合格すると、税理士の受験資格が得られます。税理士試験では一定の学問を修めたか一定の資格合格(公認会計士は短答式試験合格など)がないと受験資格がありません。日商簿記1級と全経上級合格者(昭和58年度以降の合格)には、資格要件によって税理士試験の受験資格が与えられます。

 したがって、公認会計士となるために簿記1級は必ず必要というわけではないのです。しかし、公認会計士試験を受験する多くの人は簿記1級を受験した経験があり、ほとんどの人が実際試験に合格しています。以下では、公認会計士試験の前になぜ簿記1級を受験するのかを説明するとともに、簿記1級を先に取得するメリット・デメリットについて説明していきます。

簿記1級を先に取得するメリット

 公認会計士となるために必須ではないにもかかわらず、簿記1級を先に取得しておくことには多くのメリットがあります。公認会計士試験は、短答式試験が年に2回、論文式試験が年に1回しか実施されません。したがって、試験の雰囲気に慣れる機会がほとんどないのです。

そのため、簿記1級を先に受けることで試験の雰囲気に慣れられます。公認会計士試験と同等のレベルの試験で、公認会計士試験にも役立つ試験は簿記1級しかありません。簿記1級を練習台として使えるのが、簿記1級を先に取得する第1のメリットです。

 第2のメリットとしては、簿記1級を先に取得することを通じて簿記の計算力を向上させられる点が挙げられます。

簿記1級と公認会計士試験は出題形式こそ違うものの、基礎となる論点は共通しています。したがって、簿記1級で勉強した内容が公認会計士試験で役立ちます。しかも、簿記は計算科目なので、十分な演習問題に取り組まなければ試験に合格できません。当然、公認会計士試験も同様で、簿記1級に合格する以上に計算力が求められます。簿記1級の勉強を通じて、公認会計士試験の計算科目での得点力を高められるのです。

簿記1級を先に取得するデメリット

 簿記1級を先に取得するデメリットは、公認会計士試験とは出題形式が異なるため、勉強時間が取られるだけの回り道となる可能性がある点です。簿記1級を取得しても、制度上、公認会計士試験に影響はありません。簿記1級はあくまでも公認会計士試験の練習台として位置づけであり、そこに余計な勉強時間を割いてしまえば元も子もありません。

 公認会計士試験の合格を目指しているのであれば、簿記1級への合格は必須ではないのですから、簿記1級のための勉強にそれほど時間をかけるべきではありません。どのような資格試験でも、傾向と対策をきちんと行って効率的に合格を目指すものですが、公認会計士試験への合格を目指していて、その練習台として簿記1級を取得するのであれば、それを行うべきではありません。

理由は、時間がとられてしまうからです。その分の時間を公認会計士試験の対策に向けたほうが良いでしょう。そのため、簿記1級を取得するのであれば、あくまでも公認会計士試験の合格のための練習台として簿記1級試験を活用するようにしましょう。

簿記1級を取得することは税理士試験にもメリットがある

 簿記1級の取得は、試験制度上、公認会計士試験にはメリットはないものの、税理士試験にとっては試験を受けるための受験資格を得る1つの手段となっています。

したがって、他の要件で受験資格を得ていなくても簿記1級を取得しておけば、税理士試験を受験できるようになります。簿記1級は一度合格しておけば、基本的に有効期限はありません。

そのため、公認会計士試験合格の前に取得しておけば、途中で公認会計士試験ではなく、税理士試験に切り替えてもスムーズに勉強を移行できるというメリットがあります。

日商簿記1級を取得するかは自分次第

まとめ

 これまでの記事の内容で、簿記1級を先に取得するメリット、公認会計士試験との違いについてはご理解いただけたかと思います。実際に簿記1級を先に取得するメリットも多いので、順序的には簿記1級を先に取得しようとしている人も多いのではないでしょうか。

 なによりも公認会計士試験よりも先に、簿記1級に合格しておくことは、簿記1級と公認会計士試験で重複している部分を効率的に勉強できるようになるでしょう。簿記1級も非常に難しいと言われる試験ですから、公認会計士を目指す前段として簿記1級に合格することは自信につながることも大きなメリットです。

 簿記1級を取得することは遠回りだという意見もあったり、予備校やスクールでは簿記資格は取得せずに公認会計士を直接目指すことを推奨しているところもあります。

 公認会計士試験に合格するための必勝パターンや、王道などは存在しません。それぞれどのような流れで公認会計士を目指すのか、ご自身の適正を鑑みて決めていくことが大切だと思います。

 また、資格取得したことは知識をもっている証明ともありますが、会計業界も実務経験を重視する傾向が強いです。

公認会計士に合格したあと、どのような業務に携わりたいのか、キャリアパスを描いておきましょう。簿記1級も簿記資格の最高峰ですし、公認会計士も超難関と言われる国家資格です。膨大な勉強時間を必要としますので、なによりもモチベーションを維持し続けることが大切です。

 はれて資格を取得することができたら、実務経験、資格を活かした就職・転職活動をして貴方に最適な事務所をみつけてください。

監査法人、会計事務所、税理士事務所、大企業のバックオフィスなどで働きたいと決めているのでしたら、大手総合媒体の転職サイトや転職エージェントよりも、会計業界を専門とした転職サイトや転職エージェントを活用されたほうが効率的に進むのではないかと思います。

 大手総合媒体は多くの求人をあつかっていますが、会計業界の求人数は限られています。会計業界専門の転職サイトと比較してもあまり求人数は変わらないかもしれません。

専門的な情報や項目が用意されている会計業界専門サイトであれば、欲しい情報が求人情報に含まれているので「面接したら思ってたのと違った」というようなミスマッチが起こりにくいのです。

また、会計業界専門の転職エージェントであれば、会計事務所や監査法人と常に接点をもっていますので、リアルな業界事情にも精通していて、貴方の希望条件などについても理解してくれる知識を持っています。会計業界専門の転職支援サービスを活用し、貴方の輝かしいキャリアを更に磨く最適な就職・転職先を手に入れてください。

会計業界でこれまでの経験を生かして転職するなら「会計求人プラス」

会計業界の求人・転職なら会計求人プラス


会計求人プラスは、「会計事務所・税理士法人・経理専門の求人・転職サイト」です。会計業界の求人のみを扱っているため、公認会計士や税理士など、既に資格を持っている人から、これから取得する人、業界特有の資格や経験についてもアピールすることができます。今の年収をアップしたい方、経験を活かしたい方へその解決策を会計求人プラスがご提案します。
会計求人プラスでは、特にこのような方を対象としています。

●自分の経験を活かして業務の幅を広げたい
●苦労して取得した資格を活かした仕事をしたい
●きまった業種の経験しか詰めない もっと幅広い経験を積みたい
●IT活用、デジタル化など最新の技術を活用している職場で働きたい

会員登録(無料)とすると、企業から直接スカウトメールが届くダイレクト・リクルーティングも完備。また、転職で失敗しないための攻略ポイントや転職に成功した事例も紹介しています。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士法人、一般企業の経理職など会計業界の求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す未経験の方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かして年収アップやスキルアップしたい方を全力で支援いたします。

ピックアップ求人

-公認会計士試験
-, ,