会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

公認会計士,必要性

公認会計士の仕事は、医師や弁護士と並ぶ三大国家資格の一つだといわれています。財務情報のスペシャリストともいえる公認会計士は、求められる役割や仕事内容が幅広く、活躍できるシーンが多岐に渡ることが特徴です。それでは、公認会計士の仕事はビジネスシーンにおいて、一体どのような必要性があるのでしょうか。公認会計士の必要性や強みについて理解しておくことで、今後の転職やスキルアップに役立てることができるでしょう。ここでは、公認会計士がビジネスシーンで必要とされる理由や監査の必要性、公認会計士の仕事がなくなるとどうなってしまうのかという点を解説します。

☆なぜ?公認会計士が必要とされるワケ

公認会計士が刻々と変化する経済社会において、必要とされる理由には以下のものが挙げられます。まずは「監査業務」です。企業には通常、債権者や投資家などのさまざまな関係者が存在します。その関係者達にとって、企業の財務状況は正確に把握しておきたい重要な情報といえるでしょう。企業の財務状況を明確にするうえで、欠かせないのが「監査業務」です。監査業務とは、企業が作成した決算書に誤りや偽りがないかのチェックを行い、監査報告書を発行する業務を指します。最大のポイントは、この監査業務は公認会計士の独占業務であるということです。
上場している企業は、法律によって会計監査を必ず受けなければならないという決まりがあります。監査業務をスムーズに行うためには、専門的な知識が欠かせません。そこで、活躍するのが公認会計士です。豊富な財務知識を有する公認会計士は、企業の監査にとって必要不可欠な存在なのです。さらに、公認会計士は難関資格であり、人数が足りていない傾向だといわれています。公認会計士の数が少ないことや企業にとって欠かせない監査業務を担うことから、公認会計士は景気に左右されにくく、需要が高い職種といえるでしょう。

☆もっと詳しく!監査はなぜ必要か

公認会計士の独占業務である「監査業務」。「監査業務はなぜ必要なのか」と疑問を持つ人もいるでしょう。監査が必要な理由には、まず「決算書が正しく制作されているのか」という点が挙げられます。たとえば、企業が制作した決算書に嘘や偽りがあり真実が示されていないと、間違った情報が債権者や投資家に伝わってしまいます。こうした粉飾決算が発覚してしまうと、会社の信用に大きなヒビが入る原因になりかねません。
こうした事態を避けるためにも、決算書は嘘や偽りなく正しい情報を開示することが求められます。そして、その情報が正しいという証明に、必要なのが公認会計士による「お墨付き」です。真実の証明や社会的信頼性を高めるためにも、公認会計士による監査は欠かせない要素といえます。

☆公認会計士の仕事がなくなるとこうなる!

公認会計士の仕事がなくなると、決算書をはじめとした財務情報の信頼性が低くなるリスクが高まります。すると、その情報を信頼しきれない資本家から、経営者への財産の委託ができなくなる可能性があるのです。それに加えて、お金が回らなくなることで会社経営の運転資金に困ったり、企業の資金調達のコストが上がったりする可能性もあります。会社に必要なお金が回らなくなってしまうと、結果として経済社会が停滞する大きな原因にもなりかねません。経済を円滑に回すためには、債権者や投資家が不安なくお金を出せる環境を整えることが大事なのです。このように、公認会計士の仕事は資本主義を支えるうえで欠かせない仕事といえます。

☆公認会計士に求められているものはなにか

社会における信頼性の高さや市場のニーズが高いことが魅力の公認会計士。公認会計士として成功するためには、以下の3つのスキルが必要だとされています。まず、1つ目は「情報処理能力」です。公認会計士はただ数字に強ければ良いというわけではなく、その数字からさまざまな情報を読み取り、多角的に分析する能力が求められます。さらに、その情報を素早く整理して情報処理するスキルも大切です。的確に情報を取捨選択しながら問題を解決に導く、正確でスピーディな処理能力が求められます。
2つ目に「守秘義務」が挙げられます。公認会計士の仕事は、企業の核となる機密情報に携わる仕事です。そのため、企業やクライアントの経済状況や大切な情報は、外部に漏れないよう、徹底的に管理する必要があります。安易に誰かに情報を漏らしたり、きちんとデータを管理できていなかったりすると、企業やクライアントからの信頼を損ねる大きな原因につながります。仕事を円滑に行うためには、企業やクライアントとの揺るぎない信頼関係を築くことが欠かせません。そのため、公共の場では会話の内容に気をつけたり、データの管理を徹底したりすることが重要なのです。自分自身の倫理観や守秘義務を守れるかどうかは、公認会計士として成功を目指すうえで大切なポイントといえます。
3つ目は「判断力」です。会計に関する深い知識を身につけたうえで、合理的かつ正確な判断をする能力が求められます。監査業務に携わっていると、なかには高度な判断力が求められるケースもあるでしょう。こうしたときに、誤った判断を下してしまうと、自分自身の評価だけではなく、企業の社会的な立場まで下がってしまうおそれがあります。業務に携わっているときは数字に目を光らせて、正しい情報と誤った情報をきちんと見極める判断力を身につけることが重要です。それに加えて、間違った情報があるときに、根拠を提示して企業やクライアントを納得させる「交渉力」も必要不可欠です。明確に理由を説明できる能力を身につけることで、より企業からの評価や信頼を高めることができます。
このように、公認会計士は情報処理能力や守秘義務、それに加えて判断力や交渉力など、幅広い能力が求められます。これらのポイントを押さえて日々の業務をこなすことで、自身のスキルアップにつなげることができるでしょう。

☆まとめ

監査業務がなければ、資本主義社会は円滑に回らなくなってしまいます。資本主義社会がうまく回っていくためには、公認会計士の存在が必要不可欠なのです。公認会計士として活躍を目指すためには、自分のスキルを最大限に活かせる働き先を見つけることが大切です。公認会計士として働くことを検討している方や、経理業界で働いていて転職を希望している方は、https://kaikeiplus.jp/topic/を参考にしてみてはいかがでしょうか。

◆◆「会計・税理士事務所の転職・就職は「会計求人プラス」」◆◆

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-会計士の仕事, 公認会計士