会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

税理士が人気なのは何故?気になる仕事内容とやり甲斐は?

2017/04/21

終身雇用というかつての日本で常識として考えられていた雇用形態が崩れ去った現代では、手に職を持ったり資格を有したりする人が増えています。もちろん、資格を取得したうえで企業や団体などに所属する人は多くみられますが、いつでも自由に独立を図れるという点では何も持たない場合よりも安定性は高く、将来の計画も立てやすくなるでしょう。

資格にもさまざまなものがありますが、重要視したいのは、時代の変動に左右されない職種であることです。

税理士は、企業だけでなく個人を相手にした場合でも業務として成立しやすく、長期に渡っての活動が期待できます。税理士の仕事内容や適性、やりがいを知り、税理士の資格取得の重要性を理解しましょう。

税理士の仕事内容とは?

税理士の仕事内容は、税務に関する処理を法的な観点に基づいて処理していくことです。

具体的には、企業や個人事業主の売り上げに対して正確な税務計算を行い、場合によっては書類の作成までを担います。税務処理や申告書の作成は申告納税制度に基づいて事業主でも可能ですが、専門性の高い税計算や法に基づく正確な書類作成は有資格者でないとできない部分もあり、事業を行っている人にとっては重要な存在といえます。申告時期や会社設立など必要な時だけ相談に応じることもあれば、顧問契約をして普段からアドバイスを行うこともあります。顧問の場合は顧客の売り上げをこまめに把握して税計算行い、業績の安定と正確な納税をサポートする役割をします。

税理士に向いているのはこんな人

どんな職種にも適性はあります。

税理士の場合には細かい税計算やそれに伴うさまざま税に関する法律も伴うため、細かい仕事にも集中力を発揮できる人が向いているといえます。顧客の資料作成を代行したり税に関する相談に応じたりすることも求められるので、人と接するのが好きな人も向いている職種です。もちろん、それだけではなく顧客に対して必要な説明を正確に行えることも重要です。大きな企業になると作業もそれだけ増えることになるので、黙々と作業する集中力と数字を分析するという鋭い視点を持っていることは最も重要な条件といえます。

人と接することに抵抗の少ない人であることも望ましいですが、最後までやり抜く責任感も必要です。

税理士の資格は魅力がいっぱい

数ある資格の中で税理士を選ぶメリットは何でしょうか?それはもちろん安定性と将来性です。

税理士は申告税制度がある限り必要とされる仕事なので、なくなるということがありません。また、会計事務所などに所属して仕事をすることもできますが、独立して事務所を開くことも可能な仕事です。

経験を積んで独立開業すれば経営者として収入アップも見込めます。顧問契約を結んで経営の安定化を図ったり自分のペースでの仕事量に抑えたりと、一生を通してできる仕事のひとつです。

また、個人で事務所を興すだけでなく、特別法人としてワンランク上の仕事も目指せます。何名かの税理士で事務所を設立することで、より質の高い仕事を提供できます。

他の仕事にはない税理士のやりがいとは?

税理士の仕事は、企業や個人など事業に関する税計算を行う以外にも、さまざまな場所に活躍の可能性が広がっています。

企業や個人に関わらず、業績を把握していることで、税を中心にそこから考えられる経営安定策をアドバイスしたり戦略を練ったりするサポートをすることで、事業の成長を影で担う役割もできます。こうしたコンサルティング業務は、事業の拡大や融資などさまざまな方向から今後増々重視されるとみられています。

一方、弁護士の補佐として納税者の権利や利益を守るために租税に関する訴訟の場で活躍するのも税理士の業務のひとつです。さまざまな場面や観点から社会に貢献できるだけでなく、報酬面でも十分満足できるのではないでしょうか。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-税理士
-, ,