会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

税理士補助とは?気になる年収と仕事内容をチェック!

税務や会計のスペシャリストとして、企業や個人事務所の煩雑で複雑な税務処理を代行する税理士。その税理士の補助的業務を行う税理士補助は、税理士を目指す人や実務を磨きたい人の中で注目される業務のひとつです。

ですが税理士補助の仕事はどういうものか、具体的に知られていない場合もあり、また年収についても気になるところです。税理士補助になったらどういう業務を行うのか、年収はどうなのか、知っておきたい情報をまとめました。

どう違う?税理士補助と税理士の業務内容

まず税理士と税理士補助の仕事を確認しておきましょう。

一般的な税理士事務所は、税理士、税理士の補助的業務を行う税理士補助、そして総務や庶務的な業務を行うスタッフなどで構成されている場合が多く見受けられます。法律のエキスパートである弁護士や、監査業務代行を併設する場合に公認会計士が在籍するなど、事務所により構成人員はさまざまです。税理士は独占業務である、企業や個人といった顧問先に代わって税務申告を行う税務代理、納税時に必要となる税務書類の作成および提出の代行、そして税務関連の相談といった業務が大きな柱となります。

では税理士補助の仕事とはどういうものでしょうか。税理士補助は、税理士のサポートが主な業務となります。税務署に直接提出はできませんが、書類の作成やチェック、会計・税務ソフトを使用しての資料作りなど、税理士の業務を下支えするアシスタント的な役割が税理士補助の仕事といえます。税理士の独占業務を税理士補助が行うことはできませんが、税理士の近くで仕事をするため税理士の業務のノウハウ、税理士からのアドバイスを受けながらの書類作成など、実務的な経験を積めるという点で、税理士を目指す人やスキルアップに大いに役立ちます。

経験値や事務所によって差がある?税理士補助の平均年収

税理士補助の仕事に興味を持ったら気になるのは給与についてではないでしょうか。税理士事務所の形態は大きく個人事務所と税理士法人とに分けられます。

税理士補助の給与は、どういう形態の事務所に属しているのかによっても変わります。まず個人事務所の場合は月給20万~30万円程度で年収にすると300万~400万円ほどとなります。税理士法人事務所では平均20万~40万円程度となり、税理士事務所未経験者だと月収20万円~25万円ほどで年収300万~350万円、経験者の場合は月25万~30万円で年収350万~400万円程度となるケースが多いようです。さらに実務経験があり税理士試験科目に合格している場合は月収35万~40万円、年収500万~600万円となる場合もあります。

以上の月収、年収はいずれも社員の場合ですが、雇用形態は社員のほか派遣社員やパートなどがあり、雇用形態や契約業務、勤務日数などの諸条件によって月収、年収が変わるのはいうまでもありません。また、人材育成に余裕がある法人事務所と即戦力を望む個人事務所など、どういう人材を求めているのかも事務所によって変わり、求人状況によっても給与や年収が変わる場合があります。近年の傾向では、法人事務所が増加の傾向にあり、税理士補助の給与もサラリーマンと同様の給与体系に変化してきています。

税理士補助でも勤務形態によっては家庭との両立もできる!

税理士補助の仕事は税理士のアシスタント的業務が主な仕事ですが、家庭との両立が可能かどうかは、仕事の内容をつぶさに確認することが重要です。

税理士補助の仕事は正社員と派遣社員、パートでは任される内容が異なります。正社員として税理士補助に従事する場合は、税理士を目指しながら税理士事務所に勤務する場合がほとんどです。顧問先を担当し、毎月の巡回業務や資料作成、決算月処理、年末調整、確定申告業務などを行います。税理士事務所で一番忙しいのは1月から3月くらいで、年末調整や確定申告業務の処理で残業がかなり多くなることもあります。

派遣社員やパートの業務は巡回業務などの外回りはほとんどなく、内勤で書類作成補助や仕訳のデータ入力、電話応対や接客など補助的業務が主な仕事となります。家庭との両立を目指す主婦や、税理士を目指す学生、経理経験者や税理士事務所での経験や知識を生かしたい場合は派遣社員として、あるいはパートやアルバイトで税理士補助業務に携わることは可能です。家庭との両立を図る場合はあらかじめ忙しくなる時期の勤務をどうするか決めておくことと、家庭内で残業や早出など業務に対する理解を求める必要がありそうです。

税理士補助の仕事に就くときの注意点は?

税理士補助として就職や転職をする場合には、いくつか注意すべき点があります。税理士補助の仕事は税理士のサポートですから、未経験者よりは経験者、特に税理士試験科目合格者が優遇され、実際の求人も未経験者では難しいのが現状です。税理士補助の実務面でいえば、経理経験が非常に役立ちますし、巡回業務の際には顧問先とのコミュニケーションが必要です。黙々と業務を遂行するだけではなく、接客力やコミュニケーション力があると税理士補助としての業務が円滑に進むでしょう。

なお、科目合格もなく税理士事務所経験もない未経験者の場合は簿記検定の保持が必須です。日商簿記2級は最低必要ですが応募者数が多い場合はそれだけでは難しいため、日商簿記1級や全経簿記上級の合格が望ましいです。税理士事務所での業務を目指すのであれば税理士試験科目合格への挑戦をおすすめします。

また、自分自身のスキルアップも重要ですが、税理士事務所での仕事は時期によりかなり多忙になることがあります。そういう時期に仕事に従事できるかどうかの覚悟も必要でしょう。また、個人事務所では社会保険に加入していないことも多く、その場合は税理士国保という健康保険に加入し、年金については自分自身で国民年金に加入することになります。

まとめ

税理士補助の仕事は顧問先の巡回や書類作成など税理士のアシスタント業務、サポートが主な内容です。年収は個人事務所と法人事務所では人材育成状況やどういった人物を求めているかにより変わることが多くあります。また、税理士を目指す社員としての補助業務と、入力業務や接客などが中心のパートなど補助業務の内容は雇用形態などによって違いがあります。就職や転職の際には家庭と仕事の両立などを考慮に入れ、よく検討することが大切です。

関連記事:「税理士の年収ってどのくらい?年収1,000万円を目指すには

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。


会計・税理士事務所の転職・就職は「会計求人プラス」 class=

-税理士, 税理士の仕事
-,