会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

外資系企業で働く税理士の仕事と年収のリアルな事情

2018/08/21

会計や経理業界で働いている人や目指している人のなかには、外資系企業で働く税理士の仕事や年収について知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。どのような仕事内容で年収はどれくらいなのかを知っておくことで、就職先を選びやすくなります。ここでは、外資系企業で働いた場合の税理士の年収や具体的な仕事内容について紹介します。税理士としての働き方について知りたい人や興味がある人は、ぜひ情報を参考にしてください。

☆外資系企業での税理士の仕事とは?


税理士としての働き方はさまざまですが、なかでも外資系企業での税理士の仕事には、税務に関する専門知識だけでなく語学力も求められます。外資系企業と聞くと大手税理士法人をイメージする人がたくさんいますが、企業をサポートしている税理士はそれだけではありません。コンサルタントに特化した税理士事務所もあれば、海外進出を目指す企業内で経理や経営企画として働いている税理士もいます。それぞれの働き方や年収には差がありますが、自分の能力を生かしつつスキルアップを目指せる職場を選ぶなら、それぞれの特徴やメリットについて知っておきましょう。多くの場合、外資系企業での税理士としての仕事は、海外子会社の会計業務や税務処理を行い、求められる言語での資料を作成することがメインとなります。さらに、クライアントの要望に合わせてマーケティング調査を行うなど、経営に参加する仕事を依頼されることもあるでしょう。国内取引が中心企業のクライアントを抱える税理士事務所や法人に比べると、グローバルな視野や対応力が必要となります。外資系企業での経験はスキルアップや独立に役立つことが多いので、将来を見据えて就職や転職を考える人も多い傾向にあります。

☆コンサルタントとして働く税理士の年収と仕事内容は?

コンサルティング会社で働くことの大きなメリットは、税務処理に関する経験とコンサルタント業務経験の2つを同時に積むことができる点です。海外進出やM&Aを検討している企業にとって、どちらもしっかりとサポートしてくれる税理士事務所や法人が重宝される傾向にあります。一般的な税務業務はもちろんのこと、事業承継支援や企業再生支援にも柔軟に対応できるスキルを身につけることが可能です。専門知識や経験が求められる職場だからこそ、国内系の税理士事務所や法人に比べると年収も高く設定されています。年収が高い開業税理士や大手税理士法人よりは低いものの、コンサルティングを行っている税理士事務所の年収は500~700万円が相場です。年収アップを目指しているのであれば、コンサルタント業務に特化した税理士事務所への転職が役立ちます。さらなる企業全体のグローバル化を見越して国際税務や英語力を身につけたいと考える人も多く、転職を視野に入れて働きながら勉強を進めている人も少なくありません。また、すでにコンサルティング会社で働いている場合も、資格や能力に応じて年収をアップさせることができます。企業にとってプラスとなる経営マネジメントを目指すことで、年収をアップさせたり企業内でのポジションを高めたりすることも可能になるでしょう。

☆経理・経営企画として働く税理士の年収と仕事内容は?

税理士の資格や経験を活かして働くなら、一般企業に就職して経理や経営に携わるのもひとつの方法です。税理士事務所や法人で働きながら税務に関する仕事だけをこなすのとは違って、企業のパートナーとして自分の能力を生かして働くことができるというメリットがあります。また、企業にとっても税務関連の仕事をしてくれる企業内税理士がいることで、コスト削減やスピーディーな業務を目指すことができるのです。一般企業で働くのであれば、コンサルタントの知識があるとさらに需要が高まります。企業の規模や経営状態にもよって年収にばらつきがありますが、管理職として採用されれば高収入を見込むこともできるでしょう。未経験者として就職した場合の年収は300~350万円程度ですが、管理職までキャリアアップできた人や管理職として就職した人なら800万円ぐらいになることも考えられます。(※1)キャリアを積んだ人であれば、決算業務や経営に深く関わる仕事を任せてもらうことができますが、経験が浅い人の場合はデータ入力や振り込みなどの経理としての仕事がメインになることを頭に入れておきましょう。慣れるにしたがって任せられる仕事の幅も広がってくるので、ゆっくりスキルアップを目指したい人にはおすすめです。

※1.【会計事務所の転職ルール】一般企業経理と会計事務所転職のどちらがおすすめ?

☆年収の高さだけでなく、社風も考えて求人を選ぼう


税理士として働く職場やキャリアによって年収には差が生じますが、収入面だけでなく福利厚生や社風などさまざまな角度から求人を選ぶことが大切です。また、自分自身の成長につながる職場であるかどうかも見極める必要があります。年収が高くても仕事量が多くライフワークバランスが取れない職場だと、心身共に健康に長く勤めることが難しくなりがちです。気になる税理士事務所や企業を見つけたら、職場の雰囲気を知るためにも離職率を参考にしてみましょう。(※2)会社説明会に参加したり面接時に気になることを質問したりするのも、職場の雰囲気を知るために効果的です。さらに、退職金や祝金・弔慶金などの福利厚生がしっかりしているかどうかも求人選びのポイントとなります。外資系企業の場合は、年収が高く退職金が出ないケースも少なくありません。転職を考えている場合、スキルを向上させることを目的としている人もいれば、年収が高い職場で働きたいと考えている人もいることでしょう。しかし、大切なのは自分にとってどのようなスタイルが合っているのかをじっくりと考えてみることです。自分がやりたいことや収入面、社風や目的などを明確にイメージしながら求人を選ぶことで、失敗しない就職や転職を目指すことができます。

※2.【会計事務所求人/全国11拠点ベンチャーサポート税理士法人】会計事務所ってどういうポイントで選べばいいの?

☆まとめ

外資系企業で税理士として働く場合、コンサルタントと一般企業の経理とでは働き方はもちろん年収額も異なります。外資系である以上、一般的な税務業務だけでなく英語力も求められるのが特徴です。コンサルタント会社は、税務業務に加えてM&Aや経営マネジメントをするのに対して、一般企業の経理として働く場合は自社のパートナーとして経営に携わることになります。コンサルタント会社の年収のほうが高い傾向にありますが、一般企業であっても業績やキャリアアップによって年収アップを目指すことが可能です。就職や転職で求人を選ぶときには、年収だけでなく働き方や社風などにも注目してみましょう。

◆◆「会計・税理士事務所の転職・就職は「会計求人プラス」」◆◆

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-税理士, 税理士の仕事