会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

MBAとは?

MBA(経営学修士)とは?取得方法やメリットも解説!

ビジネスにおいてキャリアアップを望む人が選ぶ資格には、各分野で様々なものが存在しています。中でも、経営や会計に特化した資格といえば、MBAをイメージする人も多いでしょう。在籍している企業においてステップアップしたい人はもちろん、公認会計士や税理士として、自分の力をより発揮できる場所へのキャリアチェンジを望む人にとっても、MBAは有利になる資格といえます。
MBAはもはや、ビジネスにおけるエリートへのパスポートといっても過言ではなく、上場企業やグローバル企業で働く一流のビジネスマンが多く取得しています。そこで今回は、MBAの取得方法やメリット、そして取得後に活躍できる分野について紹介します。

MBAとは?

MBAとは、「Master of Business Administration」の略語です。日本では「経営学修士」や「経営管理修士(専門職)」と呼ばれています。中小企業診断士と同じような資格だと思われるケースも多いですが、実はMBAは経営学に関する「学位」です。大学院で経営学を学んで修士課程を修了した人に与えられるのが経営学修士であり、専門職大学院にて専門職学位課程を修めると経営管理修士の学位を取得できます。

MBAを取得する目的

MBAホルダーになると、ビジネス界における信用力が上がります。特に、国際化が進んでいる昨今、日本企業でもMBAの価値は認められつつあるといえるでしょう。そのため、収入アップや昇進に与えるMBAの影響力も取得する目的の一つとされています。

もちろん知識やスキル面を上げるという面においても、MBA取得は大変役立つ学位です。例えば、「経営の体系的な知識を得たい」「現場の業務に変革を起こしたい」「経営者としての実力を高め起業したい」「転職に活かせる資格が欲しい」といった志を持つ人にとって、MBA取得は目標であり人生を変えるツールにもなり得ます。

実際、アメリカの上場企業では、部長職がMBAの学位を保有している例が多く、管理職資格として捉えられているのが現状です。年功序列や終身雇用が一般的だった日本も、バブル時代からMBAの存在が浸透し始め、2003年には文部科学省が「専門職大学院」の制度を設立したことがきっかけで、日本式のMBAスクールも続々と誕生しました。以来、経営幹部を目指す人や起業したい人がMBAの必要性を感じ、取得を目指して日々励んでいます。

会計業界におけるMBA

経営に関わる業務だけではなく、会計業界においてもMBA取得を目指す人は少なくありません。公認会計士や税理士も、経営に関する幅広い知識は必要です。特に大企業の会計を担っている人には欠かせないスキルといえます。企業の財務関係における管理者を目指している公認会計士も、MBAを取得しておくとよいでしょう。

会計業界におけるMBAの価値とは

MBAで学ぶのはビジネスにおける3領域

MBAでは、基本的経営資源の3要素ともいわれる「ヒト」「モノ」「カネ」にまつわる知識を学んでいきます。スクールによっては、IT関連の科目や思考力、統計といった内容を導入しているところもありますが、土台となるのはこれらの3領域です。それぞれのポイントを細かく紐解いていきましょう。

  • 【ヒト】MBAで学ぶ人と組織
  • 【モノ】MBAで学ぶマーケティング
  • 【カネ】MBAで学ぶお金の話

【ヒト】MBAで学ぶ人と組織

経営において人と組織の組み立てや管理に関わるスキルは欠かせません。MBAにおける「ヒト」の分野では、チーム全体のモチベーションを上げるための手段やリーダーの役割などを学んでいきます。また、人を採用する際のポイントや社内におけるスタッフのポジション、権限なども学ぶことができ、経営者だけではなく人事に携わる人にとっても役立つ内容です。

「ヒト」の分野では、人間力を高めるために、交渉術や異文化マネジメント、リーダーシップといった科目もあります。どれもビジネスの世界では欠かせないスキルであり、グローバル社会となった現代においては日常でも活かせる内容です。

【モノ】MBAで学ぶマーケティング

MBAにおける「モノ」は、マーケティングがメインとなります。マーケティングは企業において必須の活動であり、MBAの中でも重要視されている人気科目です。MBAでは理論やフレームワークを通して、マーケティングの基礎知識を習得します。題材を元にして、顧客の満足度を追求した上で継続的に稼ぐことができる仕組みについて学びます。

【カネ】MBAで学ぶお金の話

経営では、お金の話を抜きに考えることはできません。MBAにおいても経済学は非常に重要な内容です。経済学は一般的にマクロ経済学とミクロ経済学に分けられます。マクロ経済学は、GDPやインフレ率など国や世界における経済全体を理解する分野です。一方のミクロ経済学では、需要と供給といった消費者や企業目線の内容を学びます。その他にも、企業価値を上げるための財務会計や企業の財務状況を把握するための知識を学びます。

日本で取得できるMBAの種類

日本で取得できるMBAは、国内にある大学が開校しているMBAと、海外の大学が日本で開校しているMBAの2種類から選べます。

国内の大学が開校しているMBA

日本の大学は、国立・私立ともMBAの取得ができる学校が増えています。主な国立大学は次の通りです。

  • 京都大学
  • 神戸大学
  • 大阪大学
  • 一橋大学
  • 九州大学
  • 等 

このように、東京以外の地域の大学でもMBAを学ぶことができます。続いて、私立大学でMBAを開校している主な学校は次の通りです。

  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 同志社大学

中でも慶應義塾大学は1962年から「経営管理研究科」を設けており、日本において最も古いビジネススクールといわれています。

海外の大学が日本で開校しているMBA

ボンド大学やマサチューセッツ州立大学、英国国立ウェールズ大学など、海外の大学院も日本でMBAを学ぶためのスクールを開校しています。ボンド大学とマサチューセッツ州立大学のMBAは、基本的にオンライン授業です。そのため、住んでいる場所によらず本格的な海外MBAを英語で学ぶことができます。英国国立ウェールズ大学は通学制になっており、日本語での授業が基本です。

海外と日本のMBAの違いとは

MBA取得のメリット・デメリット

しっかりとMBAを学ぶためには、メリットとデメリットを把握しておかなければなりません。その上で、自分自身のキャリアと照合しながら賢くビジネスに活かしていくことが大切です。ここからはMBA取得におけるメリットとデメリットをそれぞれに紐解いていきましょう。

MBA取得のメリット

就職や転職時においてMBAを取得していると、経営に必要なスキルを持っている人材と見なされる可能性が高まります。そのため、企業を選ぶ上での選択肢が格段に広がるでしょう。転職や就職に限らず、社内でのステップアップや昇給に役立つ点も魅力です。
また、MBAを学ぶために大学へ通うことで、様々なジャンルの業界で働く人と出会う確率が増えます。MBA取得をきっかけとして、新たな人脈が広がる点もメリットといえるでしょう。

MBA取得のデメリット

MBAを取得するためには、時間と費用がかかります。日本でスクールに通う場合、年間に100万円以上の費用がかかるのが通例です。国立大学で学んだとしても、学費だけで最低50万円程度かかるといわれています。加えて、生活費も工面していかなければなりません。

また、MBAを取得するまでには約1〜2年程度かかります。オンライン講座や夜間講座ではなく、日中の講座を受ける場合には、仕事を辞めたり休職したりする必要も出てくるでしょう。そのため、今後のキャリアにおいて本当にMBAを取得するべきかどうかを検討した上で挑むことが大切です。また、MBAは資格ではない点にも注意する必要があります。MBAを取得したことが必ず仕事に結びつくかどうかはわかりません。会計士や税理士といった国家資格と大きく異なる点ともいえるでしょう。

会計業界でキャリアアップしたいなら「会計求人プラス」

未経験から税理士を目指すなら「会計求人プラス」


年収アップや今より待遇のよい職場への転職を望むなら、資格や学位を取得する以外にも方法はあります。しっかりと自分にマッチする会社を選ぶことで、これまで発揮できなかったスキルや知識を活かすことができるでしょう。会計求人プラスでは、あなたが持つポテンシャルを十分に発揮できる転職をサポートしています。

MBAを取得する方法とは

MBAは資格試験と異なり、試験に合格して得られるものではありません。MBAを教えるビジネススクールや日本の大学院を卒業することで得られる学位です。MBAを取得する手段にはいくつかありますが、一般的な取得方法について、3つのケースに分けて紹介していきます。

海外のビジネススクールに留学する

英語に自信がある人は、思い切って海外のビジネススクールに留学してMBAを取得しても良いでしょう。海外でMBAを取得することで、日本で学ぶよりも圧倒的に英語力が身につき、世界で通用するグローバルな経営力を身に付けることができるというメリットがあります。ただし、留学以前からある程度の英語力を磨いておく必要があるでしょう。

また、海外のビジネススクールを卒業するためには、国内でMBAを学ぶよりもはるかに高額な費用がかかります。授業料や生活費を合わせて、500〜1,000万円程度が相場です。そのため、奨学金や教育ローンを活用して留学する人も多く見られます。

日本の経営大学院に進学する

仕事を辞めたり休職したりできる人は、日本の経営大学院に進学する手段を検討しても良いでしょう。この方法であれば、講義を受けるための英語力は必要なく、日本語の授業でMBAを習得することができます。基本的に2年制となっており、その間は仕事ができません。学費だけでも国立大学院で最低100万円は必要であり、私立大学院になると300万円を超える学校がほとんどです。2年間の生活費も踏まえた上で資金を準備しておく必要があります。

日本または海外の経営大学院で通信教育を受ける

仕事を辞めることなくMBAを学ぶ方法として、通信教育があります。オンラインで受けられる授業のため学校に通う必要がなく、日中忙しい人でもMBAを学ぶことが可能です。通信教育では最短1〜2年でMBAを取得しますが、勉強の時間があまり取れない場合には3年以上在籍することもできます。費用相場は300万円前後ですが、働きながら自宅で学べる分、費用が抑えられる可能性もあるでしょう。ただし、長く通う場合は、通学して学ぶよりも費用がかさむことも否めません。

MBA取得後に活躍できる分野は?

MBAは、実に様々な仕事に活かすことができる学位です。中でも起業家や経営コンサルタント、企業の経営企画などは、MBAで得た知識が直結する分野といえるでしょう。また、MBAホルダーの多くは、外資系企業への転職を目指します。日本の企業よりも欧米の企業の方がMBAの価値が定着しているためです。MBAを海外の大学で取得した場合は、そのまま日本に戻らず別の国で就職する人もいるでしょう。
その他、ベンチャーキャピタルや投資銀行も、MBAホルダーが目指す分野の一つです。こうした金融業界においても、MBAを取得した人が活躍できるケースが増えており、主にマネジメントポジションでのニーズが高いといわれています。

MBA取得者の年収について

MBAを取得すると、年収や役職が上がる可能性が高まります。MBAの国際認証を受けている名古屋商科大学ビジネススクールが調査したところによると、同校で学位プログラムを卒業した人の80%は昇格しているといい、最低でも100万円の給与上昇があったという結果が出ました。中には2,000万円以上昇給した人もいたそうです。
また、国際認証を受けていないグロービス経営大学院も同じような調査をしたところ、MBA取得後の年収は平均で28%上がったという結果が出ており、MBAにかけたコストに見合ったリターンを手に入れていると思っている人は多く見られます。
参考:名商大ビジネススクール「MBA取得で給料は上昇するのか?
参考:グロービス経営大学院「第4回卒業生キャリアアンケート結果

まとめ

MBAは経営や金融業界だけではなく、会計業界においてもキャリアアップに有効な学位です。通信教育や夜間クラスを賢く利用して、会計業界で働きながらMBAを取得するスクールに通っている人も見られます。とはいえ、MBAの取得は生半可な気持ちでは叶いません。ましてや、働きながらの勉強となると、十分な勉強時間が確保できる職場で働くことが必要になります。

勤務時間を調整できる職場を探すなら「会計求人プラス」

未経験から税理士を目指すなら「会計求人プラス」


今働いている職場では、仕事を継続しながら「MBAを取得することは難しいだろう」と感じている方は、よりよい職場環境へ身を移しませんか?

●働きながら資格取得を目指したい
●MBAを取得して会計業界でキャリアアップをしたい
●プライベートの時間で勉強できる職場を探したい

会計求人プラスなら、勤務時間を調節して働きながらスキルアップしたい方に見合った快適な職場が見つかります。会計業界で、もっと自分の才能を開花させたいと考えている人は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

ピックアップ求人

-会計士の仕事, 公認会計士, 税理士, 税理士の仕事, 経理
-,