会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

会計大学院に通うと試験が免除?会計大学院のメリットとデメリットまとめ

公認会計士になるための学び方にはいろいろな選択肢があります。例えば、会計大学院に通ってより深い知識を身に付けるという方法もそのひとつです。

会計大学院という名前からわかるとおり、大学の上に位置する教育機関で、大学よりも専門的に会計分野についての研究を行う専門職大学院です。

公認会計士を初めとする資格試験で優遇を受けられることでも知られる会計大学院について、どのようなメリットやデメリットがあるかを詳しく解説します。

そもそも会計大学院とは?

会計大学院は2003年からスタートした専門職大学院のひとつです。従来の大学院の目的は専門分野の研究者を育てることですが、会計大学院は会計の実務家を育てることを目的にしています。そのため、研究の指導や論文の審査などはなく、一定割合で実務家が教員に含まれていることなどが特徴となっています。

会計に関することを専門的に学ぶ機関には予備校もありますが、予備校との大きな違いは、試験に対応できる専門的知識を身に付けると同時に、高度化する会計に対応できる倫理観を持った人材を育てることを目標としている点です。修了までにかかる標準年限は2年間です。

 

会計大学院に通うメリットとデメリット

会計大学院に通うことにはメリットもあればデメリットもあります。例えば、以下のような点がメリット、デメリットとして挙げられます。

<メリット>
  • 短答式試験の科目一部免除
    公認会計士の試験を受けることを前提に取得する単位を考えれば、短答式試験の試験科目4科目のうち、財務会計論、管理会計論、監査論の3科目が免除の対象になります。
  • 独学よりも要領良く学べる
    予備校のように試験対策中心の学び方ではありませんが、将来実務を行う上で役立つ知識やノウハウを広く学ぶことができます。人脈を作るという面でも役に立つ部分があります。
  • 大学院修了という肩書が手に入る
    最終学歴が大学院修了になります。ですから、修了後に公認会計士の道を目指す場合も、方向転換して税理士を目指す場合やそれ以外の道を選ぶ場合も大学院で学んだ期間が無駄にはなりません。
<デメリット>
  • 授業料がかかる
    あくまでも大学院で学ぶという形になるため授業料を支払って通う必要があります。ただし、奨学金を活用することが可能なので、奨学金を利用すれば通いやすくなります。
  • 直接試験に関係ないことに労力を使う
    公認会計士の受験のためだけに通うと、試験勉強とは関係のないこともたくさんしなければならない点はデメリットと感じられるかもしれません。しかし、試験に合格した後、実務経験を積んで初めて公認会計士として活躍できるようになることを踏まえると、会計分野のプロフェッショナルを育てる教育を受けることは無駄にはなりません。

【意識調査】公認会計士試験は会計大学院に通う必要性あり?

公認会計士試験を受けるなら、会計大学院に通っておいたほうがよいと思うかどうかについてアンケートを取ってみました。

【質問】 公認会計士の試験を受けるなら会計大学院に通うべきだと思いますか?
【回答数】 思う:63
思わない:137

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20歳以上の男女
調査期間:2017年03月07日~2017年03月14日
有効回答数:200サンプル

会計大学院に通う必要はないと考える人が多数派

今回のアンケートでは、公認会計士の試験を受けるのに会計大学院に通う必要はないとする声が約7割を占めました。

  • 会計大学院に通わなくても合格できる可能性がある試験だと思う。(40代/専業主婦・主夫/女性)
  • 通ったほうが合格率が上がった試験免除があったりするだろうけど、「べき」とは思わない。通わないと合格できないわけではないはず。(30代/会社員/男性)
  • そのほうが近道なのかもしれないけれど、独学で頑張っている人もいるし人それぞれだと思います。(30代/パート・アルバイト/女性)

「思わない」と答えた人のコメントを見ると、「通うべき」の「べき」という部分に引っかかりを覚えている人が多いことがうかがえます。また、通ったほうがよいと感じている人でも、会計大学院に通うとなるとまとまった費用がかかるため、独学で受かるなら独学がいいと考えている人が多いこともうなずけます。試験を受けることのみが目的なのであれば大学院に通わなくてもよいのではないかと考えている人が多いようです。

一方、会計大学院に通うべきだと答えた人のコメントは次の通りです。

  • 資格試験は限られた範囲を勉強することが目的だが、アカデミックに視野を広げることや人脈をつくることは合格後プラスになる。(40代/会社員/男性)
  • 2年間通うことが出来るのでしたら通うべきです。卒業すれば公認会計士試験の一次試験が会社法以外全て免除になり、論文を書くと税理士試験の会計科目2つのうち1つが免除されます。メリットが多いです。(50代/専業主婦・主夫/女性)
  • 同じ目標の人たちの中で情報交換もできる(20代/会社員/女性)

会計大学院は試験に受かる目的で通うところではないものの、公認会計士試験では免除される範囲が大きく、税理士試験でも免除科目があるなど試験を受けるうえでのメリットが大きいことを挙げる意見が目立ちました。さらに、公認会計士を目指す仲間や講師と出逢うことが、将来的に役に立つという声も多く聞かれました。

会計大学院で何ができるかを知っている人ほど通うべきだと答えているようです。アンケートの結果からも、会計大学院では何ができ、通うことでどのようなメリットがあるのかを正しく理解することは、重要だということがわかります。

 

会計大学院に行くと合格率は上がる?

会計大学院は公認会計士試験の対策を専門に行う予備校などとは学び方が違います。そのため、公認会計士の合格率を上げることには直接結びついていないという声もあります。

しかし、学歴別の合格率を見てみると、平成27年のデータでは、会計大学院在学者の合格率は、願書提出者の18.8%が合格しており最も高いという結果が出ています。会計大学院修了者の合格率は8.1%と低い割合ですが、一般の大学院既卒者よりは高い割合です。

ですから、会計大学院でどのような学び方をするかによって合格率は変動しますが、専門分野を深く学ぶことによって合格率は上がっていると言ってよいでしょう。

関連記事:「公認会計士の試験は10%台の合格率!目指すべき点数は?」

 

会計大学院では試験科目免除以外に何が得られるの?

公認会計士を目指すのであれば、試験科目の免除だけを目的に会計大学院に通うのは少しもったいないかもしれません。会計大学院で得られることは他にもたくさんあるからです。

公認会計士試験に合格することはゴールではありません。公認会計士として活躍するためのスタート地点ですから、もっと将来のことも考えてみましょう。

会計大学院では、将来公認会計士として活躍するときに役に立つことをたくさん学べます。例えば、会計大学院は他の大学院よりも社会人が入学する割合が多く、異業種交流の場にもなります。また、国際会計基準(IFRS)を教育内容に盛り込んでいる会計大学院もあるため、将来グローバル会計士として活躍することを目指している場合には基礎固めにも繋がります。

会計大学院のカリキュラムを、目の前の試験をクリアすることだけで考えてみると、無駄に感じられることもあるかもしれません。しかし、資格は取っただけでは意味がありません。将来資格を活かして働くことを視野に入れると、試験対策だけを学ぶのとは違ったメリットがあることに気づくはずです。

関連記事:公認会計士の試験は免除制度で合格のチャンス?免除制度を徹底解説!

 

まとめ

専門大学院とはいえ、会計大学院は公認会計士の試験を受けるためには必ず通わなければならないというような機関ではありません。ですから、メリットとデメリットを見比べて、自分にとってメリットが大きいと感じられた場合には選択肢のひとつとして選ぶという形になるでしょう。

しかし、将来公認会計士として活躍するうえで役に立つ幅広い知識やノウハウを身に付けられる場であることは間違いありません。

関連記事:公認会計士の試験突破に!試験にまつわる基礎知識まとめ
関連記事:公認会計士の試験は9科目!内容と学習方法をマスター

 

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

-公認会計士, 公認会計士試験
-,