会計求人TOPICS

会計業界で働く人と、目指す人の業界トピック

会計求人プラスに戻る

公認会計士のキャリアアップ戦略!転職するならどんな働き方を選んだらいい?

公認会計士は数ある国家試験の中でも特に取得が難しい資格のひとつです。ですから、せっかく公認会計士の資格を持っているなら、その資格をフルに活かすことを考えましょう。
転職する場合も、公認会計士としての資格を最大限に活かして、キャリアアップにつながるような転職先を選ぶのが理想です。
そこで、公認会計士がキャリアアップしていくためには、どんな職場でどんな仕事をメインにするのがよいかということについて解説します。

公認会計士のキャリアと可能性

公認会計士は弁護士や医師と並んで国家資格の中でも最も難易度が高いと言われています。しかし、公認会計士が活躍できる分野は幅広く、キャリアを積んでいけば、一つの職場にこだわらなくても、様々な働き方の可能性が広がっています。公認会計士の主な職場と言えば、企業の監査を専門的に行う監査法人があります。その他にも、監査以外で企業の税務業務を担う会計事務所も定番です。

監査法人や会計事務所などで働き続けながら、公認会計士としてのキャリアを積み上げていくことができます。しかし中には、「自分が得意とする専門分野を極めたい」「もっと仕事と家庭のバランスが取れるゆとりある働き方がしたい」「会計業界以外の世界で自分の力を試したい」「一国一城の主として独立したい」と、自分の可能性を広げるべく、転職にチャレンジする人もいます。たしかに、公認会計士としてのキャリアをある程度積んでいけば、そのキャリアを活かして別の分野で活躍できるチャンスはたくさんありますが、どのような転職先があるのでしょう。

キャリアアップが狙える公認会計士の強み

公認会計士が行う業務の2本柱は、監査業務税務業務です。そのうち「監査業務」は、公認会計士の独占業務で、「税務業務」は、税理士の独占業務です。監査業務は、企業の財務諸表を見て、その内容が適正に処理されたものかどうかを確認する業務、税務業務は税金に関係するあらゆる業務を指します。

公認会計士が税理士の独占業務である税務業務を行えるのは、公認会計士の資格を取得した後、特定の研修を受けることで、税理士の資格も取得できるからです。当然ですが、公認会計士が税務業務を行う際には、研修後に税理士会への登録が必要になります。

公認会計士が行う業務には、企業コンサルティングや財務アドバイザリーなどの業務もあります。金融、財務、法律など幅広い知識が求められますが、公認会計士としてのスキルをフルに活用できる業務として近年需要が高まっています。

公認会計士がキャリアアップして活躍する職場まとめ

大手の監査法人

監査法人の中でもグローバルに展開するトップレベルにあるのが、「有限責任監査法人トーマツ」「有限責任あずさ監査法人(KPMG)」「新日本有限責任監査法人(EY)」「PwCあらた監査法人」「有限責任監査法人トーマツ」のいわゆる「BIG4」と呼ばれている監査法人です。世界的に展開する企業をクライアントにしており、会計、監査、税務、コンサルティングなど多角的なサービスを提供しています。自分のキャリアを大きな舞台で活かしてみたいというチャレンジ精神溢れる方にとってやりがいがある職場でしょう。

FAS

公認会計士の転職先には、FASもあります。FASはファイナンシャル・アドバイザリー・サービスの略称。企業に対して、財務や会計に関する専門的なアドバイスを行う「コンサルティング」で主たる業務です。FASは企業の財務分析や、内部監査の知識が求められるため、監査業務の経験がある公認会計士に人気のある転職先です。公認会計士が関わるFAS業務には、主に次の3つがあります。

(1)М&A(買収・合併):買収スキームの検討、企業価値の評価、財務デューデリジェンス(企業価値やリスク調査)など
(2)事業再生:事業再生計画の立案、財務分析、再生後の支援など
(3)フォレンジック(不正調査):不正防止対策、不正リスクマネジメント体制の構築など

公認会計士の主な業務である監査業務の応用としてM&A事業再生の業務があります。財務諸表の内容を正確に読み解き、多方面から分析する公認会計士のスキルを大いに活かせる業務のひとつで、グローバル化が進む中、日本でも需要が増えています。

企業がM&Aや事業再生等を行う場面で計画を作成したり、戦略を考えたりするのが主な仕事内容で、業界、業種を問わずあらゆるビジネスシーンで活躍できるスキルを身に付けられる点が魅力です。幅広い知識とそれを的確な場面で使える能力が問われますが、海外企業との交渉などにも関わることになるため、世界を股にかけた仕事をしてみたいという人におすすめです。

また、フォレンジックはあまり聞きなれない業務ですが、企業内の不正リスクを防止することが目的で、これも公認会計士の業務の一つでもある、内部統制監査の経験が役立ちます。すでにアメリカでは一般的な業務ですが、日本ではここ数年で大きく注目されている分野です。

事業会社

公認会計士の転職先は、会計業界だけでなく、一般の事業会社もあります。「大企業・中小企業」「ベンチャー企業」の順で見てみましょう。

大企業・中小企業の場合

大企業では、経理、財務、経営企画など従来の採用のほか、M&Aなどの企業再編による内部監査要員としてのニーズも高まっています。また、現在では企業活動そのものが、国の垣根を越えてお金・モノ・人の移動が盛んですので、海外関連企業との連結決算書の作成など、グローバルに活躍できる公認会計士が必要とされています。中小企業においても、グローバル化が進んでいるため、公認会計士として転職するには、中級以上の英語力も求められています。

ベンチャー企業の場合

ベンチャー企業においても公認会計士は求められる人材です。実際、大手の監査法人からあえてベンチャー企業への転職を希望する公認会計士も少なくありません。株式市場を狙うベンチャー企業にとっては、上場するための経理体制、資金調達、上場への申請書の作成を担ってくれる人材の確保は必須です。

ベンチャー企業は発展途上の企業とも言えるため、舵を切る方向をアドバイスすることになる公認会計士の責任は重大です。しかし、その分だけ直接経営企画に参加できる可能性が高まるのもベンチャー企業の魅力と言ってよいでしょう。ベンチャー企業は決して零細企業ではありません。また、昨今ではデジタル通貨市場に進出する法人も急成長中です。

財務面でのルール化が追いついていない現状があるため、この分野においても公認会計士のニーズは高いと言えるでしょう。転職先の経営状況をしっかり調べてから転職先に選べば、そこでできる業務は公認会計士にとってやりがいのある仕事になるはずです。

公認会計士に追い風!グローバル化による需要増

グローバル化が進む近年の日本では、国内でもIFRS(国際会計基準)を導入することが検討されています。もし、IFRSが導入されるようになると、公認会計士に対して、企業のIFRS導入を支援する業務の需要が増えることが予想されます。

そうなると、同時にコンサルティング業務の需要も見込まれ、ますます公認会計士が必要とされるようになるでしょう。グローバル化によってあらゆる法規制が国際スタンダードに近づくことになると、ますます公認会計士の業務の幅は広がります。

ですから、国内だけでなく世界にも目を向け、新しい知識やスキルを身に付けて行けば、今後活躍できる場所がどんどん広がっていく可能性は高いと言えます。

公認会計士としてキャリアアップするなら「何のために」を考える


これまで公認会計士がキャリアアップできる転職先を紹介してきました。どの転職先もキャリアが活かせる魅力的な職場ですが、そのまえに「自分はなぜキャリアップしたいのか」その目的を明確にすることが大切です。目的をはっきりしないまま、転職活動を進めた場合、仮に決まったとしても就職後、「想像していた職場と何か違う…」とミスマッチが起こる可能性があります。公認会計士がキャリアップする際には、主に次のような目的があります。あなたはどの目的でしょうか。目的を明確にしてから、その目的を実現させるための転職活動を進めましょう。

今の年収を上げたい

公認会計士の平均年収は、一般企業と比べても高い水準にあります。冒頭でも紹介したBIG4と呼ばれる大手監査法人は、経営基盤もしっかりしており、一般の監査法人よりも高い年収が期待できます。今の年収を上げてより働くモチベーションを高めたいなら大手監査法人を目指してみてはいかがでしょう。

ワークライフバランスを大切にしたい

公認会計士の仕事はハードワークです。家族との時間が取れずに、仕事に追われる日々が多い方も多いのではないでしょうか。仕事も大切だけど、「家族と過ごす時間も取りたい…」と願う方もいるでしょう。そんな仕事と家庭の両立させる「ワークライフバランス」を大切にしたいなら、一般企業の会計部門への転職が適切です。特に大手企業なら、社員の福利厚生の充実度も高く、残業時間も少ないため、家族と過ごせる時間も多く取れます。

今の職位をさらに上げたい

組織内でのポジションを上げて、組織の発展に貢献したいと考える方もいるでしょう。監査法人では勤務年数によって、職位を上げることもできますが、それにはある程度の年数がかかります。職位が上がるのを待つのではなく、自分を必要としてくれる組織に貢献したいなら、ベンチャー企業の経営に参画する目的で転職する方法もあります。

会計のプロとして専門性を磨きたい

会計のプロとして専門的な知識や経験を身に付けたい方は、FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)の分野で、M&A、事業再生などの事業でキャリアを活かす方法があります。今後もより需要が高い領域で、専門的なスキルを磨くことで、自分のポジションを築いていくことが可能になるでしょう。

安易な独立開業は待った!公認会計士は競争が激しい

公認会計士が手掛けられる業務は幅が広く、需要も高いと聞くと、すぐにでも独立開業したいと思う人がいるかも知れません。しかし、公認会計士の各業務は定期的、長期的な依頼になることは珍しいため、独立後の安定性に難があります。好景気のときには獲得しやすい財務DDや非常勤監査などが不景気になると急激に得にくくなるからです。

税務を学んで税理士としての仕事も並行する形で収入を安定させるという手もありますが、税理士との仕事の取り合いになるため簡単ではありません。ですから、安易に独立開業をするのではなく、まずはしっかりとキャリアや経験を積み、人脈を作ったうえで考えるようにしましょう。独立開業には営業力も必要です。

転職するなら将来を見越した働き方を選ぼう

公認会計士の資格を持ったうえで転職するのであれば、将来その資格をどのように活かすかをよく考えて転職先を選ぶようにしましょう。公認会計士の業務は幅が広く、いろいろな働き方を選ぶことが可能です。しかし、先のことを考えずに転職先を選んでしまうと、スキルやキャリアを身に付けるチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。どんな公認会計士を目指すのかをまず考え、それを実現できるような働き方を選ぶようにしましょう。

投稿者情報

会計求人プラス
会計求人プラス会計業界専門の転職・就職サイト
会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。
異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。

ピックアップ求人

-会計士の仕事, 公認会計士
-, ,